写真提供:マイナビニュース

写真拡大

MMD研究所は15歳以上59歳以下の男女2,204人を対象に「VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。それによると、VRデバイスの認知度は45.4%で、購入・申し込みに至ったのは3.7%だったという。

今回のVRに関する意識調査は、同社が2016年4月22日〜4月27日、15歳以上59歳以下の男女にインターネット調査により行ったもの。有効回答は2,204人。

VRについて、考えに近いものをきいたところ、「VRという言葉は、まったく知らなかった」が35.3%で最多となり、続いて「VRデバイス(ヘッドセット、ゴーグル)についても知っているが、興味がない」が21.0%、「VRデバイス(ヘッドセット、ゴーグル)についても知っていて、興味もある」が20.7%と続いた。

これを認知から購入までのファネルで表すと、「認知」64.7%、「商品認知」45.4%、「商品興味」24.4%と続き、実際の「購入・予約」まで至っているのは3.7%という結果となったという。

VRについて知っていると回答した男女1,426人に対し、VRと聞いて最もあなたのイメージに近いものについてきくと、「まるでその場にいるような体験ができる」が39.2%で最多となり、「3Dの迫力ある映像が楽しめる」(32.3%)、「非現実的な体験ができる」(19.1%)、「映画やアニメのテーマになっている」(8.6%)と続いた。

また、VRデバイスに興味のあると回答した男女457人に対し、VRデバイスでやってみたいことを複数回答で聞いてみると、「臨場感のある3Dゲームの体験」が63.2%で最多となり、続いて「車や飛行機などを運転する体験」が50.3%、「観光地に訪れたかのような体験」が48.6%と続いたという。

(丸山篤)