5日、熊本地震の発生を受けて活動を自粛していた熊本県のゆるキャラ・くまモンが活動を再開したとの報道に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は中国の雑誌で紹介されるくまモン。

写真拡大

2016年5月5日、熊本地震の発生を受けて活動を自粛していた熊本県のゆるキャラ・くまモンが活動を再開したとの報道に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

【その他の写真】

県の営業部長兼しあわせ部長に任命されているくまモンは地震発生後に活動を休止していたが、活動再開初日の5日は避難所などを訪れ、地元の子どもたちとの交流を楽しんだ。くまモンの活動自粛は被災者の心情を考慮してのものだが、活動休止中は再開を希望するメールが数多く寄せられたという。

くまモンは中国でも知名度が高く、地震発生直後には中国のSNS上に、被災者と共にくまモンを気遣うメッセージが多数投稿された。今回の活動再開の報道に対しては「やっと戻って来てくれた。本当によかった!」「お帰りなさい!」「暑い中、頑張るなあ」「温かい気持ちになった」「日本の子どもたちも喜んでいるね」「熊本の人たちを応援している!」「大変な時期をどうか乗り越えて」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)