5日、中国のロックバンドのボーカリストが、出演したネット配信番組で、過去に女性歌手フェイ・ウォンと交際していたと語った。写真はフェイ・ウォン。

写真拡大

2016年5月5日、中国のロックバンドのボーカリストが、出演したネット配信番組で、過去に女性歌手フェイ・ウォン(王菲)と交際していたと語った。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ロックバンド・Second Hand Roseのボーカル、梁龍(リャン・ロン)がネット配信のトーク番組で語った。「ロック界では『歌姫フェイ・ウォンと過去に付き合っていた』と言われているが?」と質問されたことで、10年以上前に短い交際期間があったことを自ら話している。

梁龍によると、フェイ・ウォンと交際していたのは、中国でSARS(重症急性呼吸器症候群)の感染が拡大した頃だった。このため02〜03年にかけての出来事と思われる。2人の交際は、「SARS期間に始まり、そして終わった」という。

付き合うようになったきっかけは、知り合いを通じて、フェイ・ウォンに「会いたい」と指名されたのが始まり。しかしある時、フェイ・ウォンが「謝さんに会いに行く」と雲南省に旅立ったことで、短い交際は終わったという。なお、この「謝さん」については、フェイ・ウォンが現在交際している歌手で俳優のニコラス・ツェー(謝霆鋒)を暗示させるものとなっている。破局後、現在まで一度も連絡を取り合ったことはないと語っている。

この暴露話について、ネットユーザーからの反応は「売名行為」を疑うものばかり。「そんなわけないだろ!」「作り話もここまでくるとスゴい」「冗談としてはめっちゃ面白い」などといった声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)