4日、中国の経済誌が発表した最新の「富豪ランキング500」で、昨年初めてランクインした女優ヴィッキー・チャオ夫妻が、今年は姿を消している。写真はヴィッキー・チャオ。

写真拡大

2016年5月4日、中国の経済誌が発表した最新の「富豪ランキング500」で、昨年初めてランクインした女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)夫妻が、今年は姿を消している。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国の経済誌「新財富」が毎年発表している「富豪ランキング500」の最新版では、ワンダ・グループ(大連万達集団)の王健林(ワン・ジエンリン)会長、長男・王思聡(ワン・スーツォン)氏の親子が1位に。資産総額は1982億6000万元(約3兆2700億円)となった。

なお、ランクインした500組の資産総額は8兆191億5000万元(約132兆円)となっている。

人気女優ヴィッキー・チャオは14年、夫で実業家のホアン・ヨウロン(黄有龍)氏と共に大手映画会社・阿里影業(アリババ・ピクチャーズ)の大株主になった。近年、幅広くビジネスを展開して「中国一のお金持ち女優」と言われ、昨年は同ランキングに初登場して393位に入った。

しかし、阿里影業の株価が大幅に下落したことで、今年は圏外に。なお、ヴィッキー・チャオ夫婦の資産総額は50億元(約820億円)だったものが、短期間で20億元(約330億円)を失ったとされている。

“中国最強のネットアイドル”と呼ばれ、愛称「ミルクティー娘」で知られる章澤天(ジャン・ザーティエン)さんは、昨年8月に京東集団の劉強東(リウ・チアンドン)会長と結婚。夫婦はこのランキングで11位に登場している。(翻訳・編集/Mathilda)