去年の日焼け止めが危険な理由 酸化した成分が肌の負担に

ざっくり言うと

  • 去年買った使いかけの日焼け止めが危険な理由を紹介している
  • 開封して時間がたった日焼け止めは、酸化などの成分劣化が始まるという
  • 酸化した成分が、肌の負担や刺激になってしまう可能性もあるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング