写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Appleと独SAPは5月5日、法人顧客向けモバイルソリューションについて提携を発表した。SAPが提供するPaaS「SAP HANA Cloud Platform」とビジネススイート「SAP S/4HANA」、iOSアプリ(iPhone、iPad)の組み合わせによって、リアルタイムのデータをビジネスに活かす新たなモバイルアプリを実現する。

SAPとAppleは、iOSアプリ構築向けに、ソフトウエア開発キット「SAP HANA Cloud Platform SDK for iOS」とデザイン言語「SAP Fiori for iOS」、トレーニングプログラム「SAP Academy for iOS」を用意し、年内のロールアウトを目指す。

SAP HANA Cloud Platform SDKを用いて開発者は、指紋認証機能「Touch ID」、ロケーションサービス、通知機能といったiOSネイティブアプリの機能を活かしながら、SAP S/4HANAにおけるコアデータやビジネスプロセスへのアクセスを提供できる。また、コンシューマ市場において培われてきたiOSの利用体験を活かすことで、データを業務に活かす仕組みに長けたインターフェイスSAP Fioriがビジネスユーザーのニーズに幅広く応えられるようになる。そうした次世代のビジネスアプリを、SAPの開発者コミュニティに参加する約250万人の開発者が効率的に開発できるように、SAP Academy for iOSを通じてツール、トレーニングや情報を提供する。

SAPはまた、提携の一環として、重要な業務の遂行をサポートするiOSアプリを開発する。開発言語にSwiftを採用、SAP Fiori for iOSを用いて顧客を混乱させることなく新たなユーザー体験を提供するという。

(Yoichi Yamashita)