クレジットカードの手続きと、地震保険・生命保険の手続きともに「まずは電話」 Photo by Takeshi Yamamoto

写真拡大

 このたびの熊本地震で被災されたみなさま、そのご家族、ご関係者のみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。

 前回の当コラムでは、熊本地震で被災された方や離れて住む家族の方たち向けに、「今知っておきたい身近なお金」の情報として、「現金引き出し」「住宅ローン返済」「り災証明書」の3つについてお伝えしました。

 今回は、被災者が知っておきたい「クレジットカードの支払い」と「加入保険の請求手続き」についてお伝えします。

クレジットカード会社にも
忘れずに電話連絡を

 まず、クレジットカードの支払いについて見ていきましょう。

 クレジットカード会社各社は、被災者向けに特別な対応策を取っています。すでに支払いが遅れている人、次回の支払いが滞る可能性がある人は、カード会社に電話連絡をしましょう。手元にクレジットカードがある場合は、裏面に記載の電話番号にかけ今の状況を伝えます。

 銀行業界は、大規模災害の被災者向けに全国銀行協会などの団体が統一的な方針を決めています。このため「キャッシュカードや通帳が手元になくても現金引き出しは可能」、「被災者が住宅ローンの返済を遅れたとしても延滞扱いにはならない」と、統一された対応策をお伝えすることができます。

 これに対し、クレジットカードは業界団体が定める統一方針はなく、各社が個別対応するとのことです。被災者向けにどのように相談に乗っているのかを知りたく大手クレジットカード会社のJCBに対応策を聞いてきました。各社で対応が大きく異なることはないと思われますので、JCBの対応策を例に取り「被災者が今、すべきこと」を知っておきましょう。

 カード会社に電話をすべき事例を下表にまとめました。

◆表中のケースに該当するなら、すみやかにカード会社に連絡を!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)