月3日、歌手で俳優のルハンが番組ロケにもかかわらず観光ビザで台湾入りしていた件で、他の出演者やスタッフまで同じく観光ビザだったことが明らかになった。

写真拡大

2016年5月3日、歌手で俳優のルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)が番組ロケにもかかわらず観光ビザで台湾入りしていた件で、他の出演者やスタッフまで同じく観光ビザだったことが明らかになった。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

韓流グループEXO出身のルハンは1日、中国・東方衛星テレビのリアリティー番組「我去上学[口拉]」(学校に行ってきます)のロケのため台湾入り。だが、観光ビザで入境していたことで、就業サービス法違反が明らかになり、10日以内の出境を命じられている。

このトラブルについて、内政部移民署が行った調査の中で、ルハン以外の出演者やスタッフも観光ビザで入境していたことが明らかになった。出演者の中には男性歌手のシュエ・ジーチエン(薛之謙)、若手女優のチャン・ホイウェン(張慧[雨/文])など人気芸能人が含まれている。

番組側では声明文を発表し、「経験不足により必要な手続きを果たしていなかった」と今回のミスを認めている。なお、あるテレビ関係者はインタビューで、台湾でロケを行うものの、現地で報酬を得るわけではないので、不法就労には当たらないのではないかと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)