「エクササイズのため、バランスボールを購入される方は多いと思いますが、実はアレ、ED解消にも役立つんです」
 こう語るのは元AV女優で、スポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさん。

 別名、ヨガボール、フィットネスボールとも呼ばれるバランスボールは元々、リハビリ用に作られたもの。いまやスポーツ選手らも愛用するトレーニング器具として有名だ。
 だが、勃起力を高めるなんて話は聞いたこともない。
 「バランスボールは使い方次第で、股関節のストレッチになるんです。そして、股関節を柔らかくすることで股関節の血流もよくなるんです」

 本コーナーの愛読者ならすでに気付かれたと思うが、勃起とは「海綿体への血液の流入」によって起こる現象だ。ゆえに、血液がスムーズに流入しないと勃起不全になりやすい。
 運動不足や偏った食生活がEDを招くのもすべて、血液の流れが悪いからだ。
 「もっと言えば、ペニスに近い下半身の血液の流れが大事なんです。だから、よく歩く男性はアッチも元気。普段から下半身をよく使っているので、血液の流れがいいんですね」

 股関節の血流も同じだ。この部分の血流がよければ、自然と勃起しやすい。
 「ただ、女性に比べて男性は股関節が元々硬い。加齢によっても股関節は硬くなっていきます。放っておくと、どんどん血流が悪くなり、頭の中はスケベな妄想で満ちていても、体はついてこない状況になるんです」

 そのために股関節を軟らかくする必要があるのだが、年齢とともに柔軟性は失われるもの。いまさら柔軟体操をしたところで、苦しいばかりで効果もさほど期待できない。
 「ところがバランスボールを使えば、股関節は簡単に伸ばせるんです。やり方は簡単。座るだけ(笑)。もちろん、股関節に利かせるために、足をガニ股にして座る必要があります」

 早速、記者も試してみたところ、実に気持ちがいい。
 普段、足を開く行為すらしないせいか、バランスボールに股を開いて座るだけで、硬まっていた筋肉が揉み解されていく感覚だ。
 「痛くない程度に行ってください。慣れてきたら、その体勢のまま、上下左右にバウンド。バランスボールの弾力を使えば、結構、簡単に体を揺り動かせます」

 ストレッチ効果が一段と増してくるのも分かる。
 と同時に、大した動きでもないのに、うっすらと汗をかいてくるほどだ。
 「下半身の血行がよくなっている証拠です。これを日頃から繰り返せば股関節は軟らかくなり、血流もよくなってきます。筋トレのように“さあ、やるぞ!”と気合を入れることなく、テレビを見ながら、読書をしながら、スマホをいじりながら…まさに“ながら運動”でED解消ストレッチができてしまうんです」

 また、体幹も強くなるため、
 「正常位でのピストン運動などは、まさに体幹運動。体幹が鍛えられている人ほど、ブレないので、力強いピストンができるんです。激しければいい、というワケではありませんが…やはり女性はパンパンパンと打ち込まれるピストンに興奮しますからね(笑)。鍛えておいて損はないです」

 さあ、チャレンジだ!

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。