覚悟して見るべし! 遠くで起きた爆発による「衝撃波」のスゴさと怖さがわかる動画

写真拡大

目視でようやく見えるほどの距離で爆発が起こった、その数秒後。突如爆音と共にカメラを激しく揺さぶったのは、衝撃波!

数多くの戦闘に関するビデオをYouTubeに投稿し続けるユーザー「FUNKER530 - Veteran Community & Combat Footage」による作品に、あなたもきっと大きな衝撃を受けることでしょう。 “衝撃波” だけに、ね。

【「衝撃波」ってなあに?】

音速以上の速さで伝わる強烈な圧力変化の波、それが、衝撃波。

物体が空気中を音より速く動いたときなどに生まれる現象なのですが、これを直に、しかも爆発によって体験することって、そうそうありませんよね。

【動画でこの迫力…】

映画で見慣れている爆発シーンとは全く違う怖さがこの動画にはあります。

油断して再生すると、もしかしたら腰を抜かしてしまうかも。爆撃による恐ろしさを、まざまざと感じさせられるこちらの作品の再生回数は、およそ130万回を記録しています。

【何が爆発しているんだろう……】

視聴者の中には「このとき一体なにが爆発したのか」疑問に思った方もいたようで、かくいう記者(私)も、その1人。

コメント欄には「おそらく使わなくなった軍需品を処分していたのではないか」と推測されている方がいましたが、詳細が記されていないため、真相は不明のままです。

【あっという間に終わるけど内容が濃い】

本物の爆発は、我々の想像をはるかに超えるほどに大きなパワーを持っている。そのことを深く実感できるこちらはわずか19秒と非常に短い作品ですが、見ごたえは十分すぎるほどにあるので、ナメてかかるとヤケドするわよ。

参照元:YouTube/FUNKER530 - Veteran Community & Combat Footage
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る