4日、中国外交部の洪磊報道官は、欧州訪問中の安倍首相と東南アジア歴訪中の岸田外相が中国による南シナ海の軍事拠点化に懸念を表明したことについて、「域外国の日本が偏執的に存在感を誇示している」と批判した。写真は4日の中国外交部記者会見。

写真拡大

2016年5月4日、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は定例記者会見で、欧州訪問中の安倍晋三首相と東南アジア歴訪中の岸田文雄外相が中国による南シナ海の軍事拠点化に懸念を表明したことについて、「日本は南シナ海問題で域外国であるにもかかわらず、偏執的に存在感を誇示している」と批判した。国際在線が伝えた。

洪報道官は「存在感を誇示した結果として、第2次大戦中に中国の島々を不法占領した良くない記録や下心を際立たせている」と述べた。(翻訳・編集/柳川)