「ぶっちゃけ、なくても良かった…」結婚式のいらなかった演出を既婚女性が語る

写真拡大

一生で一度きりの大イベントであろう「結婚式」。友人たちの誰よりも素敵な式にしたい!と張り切った人も多いと思います。そこで悩むのが結婚式での”演出”。

ということで今回は、既婚女性が「なくても良かったかな」と思う演出について100人に聞いてみました。
言われるがままに決めたさまざまな余興
・「キャンドルサービスはやたら時間がかかって疲れたので、なくてもよかったと思う」

・「男性バージョンのブーケトスで、ブロッコリートスというのが面白いということでやったが、まったく盛り上がらなかった」

・「新郎新婦へのインタビュー形式のプロフィール紹介や、友人へのサプライズインタビューがいらなかったです。自分も友人もどきどきしてしまいました」

キャンドルサービスは、「やらなくても良かった」という声が多く寄せられた演出のひとつ。結構定番なのにちょっと残念ですね。ウェディングプランナーの「時間が余る」という脅しに乗ってあれこれ詰め込んだ結果、バタバタと時間に追われてしまったという意見も。
ついあれもこれも…やり過ぎた結果、手痛い出費に
・「お色直し後のバルーン割り。テーブルに飾ってあるバルーンを新郎新婦が割り、当たりくじが入っていたら商品をもらえるという、小さな演出。無駄にお金がかかった。やらなければよかった」

・「派手なレーザーでの演出。『福岡ではウチともう1件しかありません』という言葉に負けてしまった。あそこまでやらなくても良かったなと後悔」

・「会場装飾やブーケなどのお花のランクアップです。『見栄えも美しさもかなり違うから』と言われたので、プランナーの言うようにしましたが、結局値段分の差はなかったように感じました」

・「ケーキ職人による、ファイヤーウェディングケーキ。会場が暗くなって、ケーキが炎を上げる演出があったのですが、思ったより地味なわりに高額でした」

せっかくだから、あれもこれもやってみたい!選びきれない!そんな思いで詰め込んだ演出。でも値段に見合わず地味だったりウケが悪かったりした、という意見も多くありました。実際やってみないと分からないこともたくさんあり、どこで線引きするかも難しいところです。
今思うとイマイチだった『過激な演出』
・「オープニングでゴンドラに乗って、スモークの中を降りてゆきました。高所恐怖症なので、すごく怖くて、しかもドライアイスのスモークがすごく熱くて、ふんだりけったりでした。ウエディングケーキ入刀のときも、なぜかケーキごと新郎新婦が回転し、転ぶかと思いました。両方と必要なかったと思います」

・「すごく華やかになりますよー!と挙式中の歌を歌ってくださる聖歌隊の方を入れました。しかし、会場の大きさに対して聖歌隊の歌声の大きさが大きくて、少し耳障りに。これは、無くても良かったかなと思いました」

・「キャンドルサービスの代わりに、新郎がビールサーバーを背負い、新婦が小さなカクテルのビンを籠に入れて各テーブルを回ったが、半分も終わらないうちに重すぎて二人とも疲れてしまった」

「ちょっとやりすぎでは…」と思うような演出も、プランナーからうまーくオススメされちゃうと素敵に見えてきちゃうからあら不思議。でも実際に式でやってみると「あれ、こんなハズでは…」と思うシーンもたくさんあるようです。やっぱり最初に感じた印象って大事なのかもしれません。
記憶から消し去りたい…恥ずかしい演出
・「お姫様だっこでの入場。地味に恥ずかしかったし、万が一転んだら全てが台無しになりそう」

・「ウェディングケーキをお互い食べさせる演出。熟年結婚だったのでこっぱずかしくてたまりませんでした」

・「洋装だけでよかったのに、日本人だからと言って着物を着ましたが、カツラがどうしても似合わなくて、みんなに笑われてしまいました」

・「フラワーシャワーをした後、ゲストが見ている中、結婚式場の周りをぐるっと2人だけで歩かされたこと。いかにも自分たちが一般の人達に祝福されたいように見られている感じがして恥ずかしかったです」

結婚が決まって盛り上がっている当時は、ついプランナーの口車に乗せられて、こっぱずかしい新郎新婦の演出をしてしまった…と後悔している方も多い様子。時を経て夫婦ふたりで共有できる、笑える思い出のひとつとなればいいですね。

時代を感じさせる演出や、感動を誘う演出など、いろいろな意見が聞けたみなさんの結婚式。これから挙式を考えている方、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

文/麻生 綾

※20〜40代の既婚女性100人を対象に暮らしニスタ編集部が行ったアンケート調査より

写真© Halfpoint - Fotolia.com