前日の天気予報で名物オリーブ牛がどのくらい食べられるかが決まる

写真拡大

「リゾートホテルオリビアン小豆島」では、降水確率によって食事に提供されるステーキ肉のグラム数が変動する、「降水確率連動型」宿泊プランの販売を開始した。

【写真を見る】日本夕陽100選に選ばれた絶景

宿泊日前日の天気予報で発表される降水確率と、同じグラム数のオリーブ牛ステーキを提供する「降水確率連動型」宿泊プラン。おいしくヘルシーなオリーブ牛が、雨天ほど多く食べられる“雨得プラン”だ。

降水確率の決定は、宿泊日前日午前11時に発表される、気象庁天気予報の高松12-18時間帯の宿泊日の降水確率を参照。0〜59%で50g、60〜69%で60g、70〜79%で70g、80〜89%で80g、90〜99%で90g、100%で100gを宿泊客に還元する(オリーブ牛提供は成人のみ)。

オリーブ牛とは、小豆島特産であるオリーブの搾り果実を、厳選した讃岐牛に与えて育てた香川のプレミアム黒毛和牛。オリーブに豊富に含まれる「オレイン酸」の旨み成分と、「抗酸化成分」の効果により、コクがありながらさっぱりしていて柔らかく、ヘルシーな牛肉として全国区の人気を博している。

「日本夕陽百選」にも選ばれる夕陽や、自慢の露天風呂、そして瀬戸内海を見渡すレストランで約50種類の瀬戸内旬彩バイキングを満喫できる、「リゾートホテルオリビアン小豆島」で、ユニークな小豆島体験を楽しみたい。【東京ウォーカー】