あいがけカレー+スパイス煮玉子1.050円 スパイスカレー43

写真拡大

大阪のカレーのイメージは「自由軒」や「インディアンカレー」に代表される昭和カレーのイメージ。

京都はカレー激戦区! 一度は食べてみたい絶品カレー厳選3

そしてあとは喫茶店カレーな欧風カレーが主流かと思っていました。ところが大阪はカレー先進都市。東京とはまた違ったカレー旋風からの進化が素晴らしい、カレー都市でした。


その大阪にスリランカカレー旋風を巻き起こした張本人のお店、ロッダグループ。

その2店舗目の「ヌワラカデ」をご紹介。ロッダさんが「ギャミサラ」と言われるスリランカプレートで、大阪にスリランカカレー旋風を巻き起こしていたことは大阪では有名な話。

その2店舗目をご紹介する理由はロッダさんはご兄弟で、ロッダ弟さんは1号店でシェフをされていますが、ロッダお兄さんは2店舗目の「ヌワラカデ」に常駐していて、スリランカカレーの事をよく教えて下さるので、カレー愛好者やスリランカカレー初心者には「ヌワラカデ」がお勧め。

「ヌワラカデ」で出されるスリランカプレートは「ヌワラプレート」、「ギャミサラ」とは少し違うようですが、美味しさは負けずとも劣らないお味です、安心してください。

チキン、ポーク、海老などの中からカレーを1種類選びます。お勧めはマトンやイノシシのようですが、この日はフィッシュを選びました。

そしてライスはバスマティライスを選択するのがお勧め。

スリランカカレーの特徴はかなりの辛口であること。

皆さんがよくご存じのインドカレーとはかなり異なり、ココナツミルクなどココナツを使うせいか、辛口の中にも甘さを感じるものもあり、油も控え目でどちらかというと南インドカレーに近い感じがあります。

そして副菜が沢山あり、色々混ぜて食べるのがスリランカカレーです。

最初は少しづつ、パートごとに混ぜて食べ始めて、最後には全部をよく混ぜて食べると美味しいです。

南インドカレーが好きな女子なら、次にはまるのはスリランカカレーでしょう。

そして、もう1軒本格的スリランカカレーのお店をご紹介します。

その店は「セイロンカリー」。こちらのプレートは「アンブラ」。

沢山の副菜とカレーとパパダムを混ぜて食べるのがこちらのスタイルです。

盛り付けが美しく、女子人気も高いのでデートや女子会などにも人気のお店です。

これだけ野菜が食べられるのもスリランカカレー人気の理由ですね。

女子だけではなく、スリランカカレーに日本人がはまりやすい理由としてもう一つあげられるのが、モルディブフィッシュが使用されていることでしょうか。

鰹節のような味と香りを出すモルディブフィッシュで旨みが増し、出汁が効いているようななんとも心地よい味わいがあるのです。大阪に出かけて食べるはスリランカカレーですね!

そしてアジア各地のカレーの影響を受けつつも、ロッダグループやセイロンカリーの影響も多大に受け、独自のカレーを作りだしているスパイス王子、黒田氏のお店、「アノニマス」をご紹介します。

彼は他にも変態との異名を持つ変態カレー職人。注)最近、「変態職人」というのは褒め言葉のようです。

隠れ家のようなBARで頂くカレーは格別ですね。お任せスペシャル。スリランカのような南インドのようなネパールのような黒田氏ならではのカレープレート。

盛り付けもセンス良く、シャンパンやワインと頂くのにぴったりな雰囲気。

素敵な空間で頂けるカレーは大阪にいることを忘れてしまいそうです。この黒田氏、今年の4/4、梅田に新たに「ポンガラカレー」なる新店舗をオープンさせました。

昼から黒田氏のカレーが食べられるとあってこちらも大人気のようです。

次も大阪で人気店の一つである、「旧ヤム邸中之島洋館」をご紹介。

空堀商店街にある民家を改築した風情ある店も好きですが、こちらの洋館のシチュエーションも捨てがたいものがあります。

なんだかこの空気感が心地よいですね。

ランチのカレーは数種の組み合わせから選ぶ事ができます。

カレーの組み合わせが何通りもあるので、自分好みにカスタマイズできるところが素敵。

大阪で人気のお店の一つの特徴には、やはりスリランカカレー旋風の影響を受けているのか、副菜が多いことです。

あと、カレーにカレーを組み合わせるスタイルと色々混ぜながら食べるというスタイルは大阪人気店での共通要素でしょうか。

脂分が少なく食べやすい感じがします。こちらは和出汁を使用しているとの事ですが、前述の鰹出汁はモルディブフィッシュによく似ているので、スリランカのカレーと感じてしまうかもしれませんが、スリランカカレーよりもクセが少なく、マイルドで食べやすい感じがします。こちらも最終的には全部混ぜ混ぜして頂きます。



さらに大阪で今人気のカレージャンルの「スパイス系」! インドにもスリランカにもとらわれず、独自のスパイス感でオリジナルカレーを提供するお店が人気を集めています。

数あるスパイス系のお店からこちら! その名も「スパイスカレー43」。

昨年12月23日にオープンした新店舗。ポップで明るい店内の内装はすべてご夫婦の手作り。

カウンターのタイルは柄物がトルコのタイルで無地が日本製、サイズも厚みも違うものを切りながら削りながら作成されたそうです。

この空間に居ることだけで元気が出そうです。こちらではチキンキーマと43カレーのあいがけにスパイス煮玉子をつけて。

このあいがけ、ツインカレーとも呼びますが、大阪ではこのツインスタイルをしてくれるのも特徴の一つではないでしょうか。

カレーを食べる時に、どれにしようか迷いがちですが、大阪では、ツインスタイルをしてくれるところが多くあるので助かります。

東京にもツインスタイルの店がありますが、圧倒的に少ないように思います。ツインカレー東京でも増えてほしいものです。

こちらの43カレーは水を一滴も使わずに野菜の水分とワインのみで煮込まれています。さすがのスパイス系、食べた後のすっきり感があります。ごちそうさまでした。

今回ご紹介したカレーは大阪カレー王国の数あるカレー店の中のほんの一握り…ではなく、ひとつまみにもなるかどうか。大阪でたこ焼きや串揚げを食べてる場合じゃないですよ。

「大阪に行ったらカレー!」しばらくはそれが合言葉です。是非、お試しあれ!