モジュラーシンセ「Model 15」を忠実に復元したアプリ

写真拡大

Moogから、往年のモジュラーシンセ「Model 15」を甦らせたiOSアプリが登場した。iPad Proで操作すれば、とくにその魅力を存分に感じられる。

SLIDE SHOW 「モジュラーシンセ「Model 15」を忠実に復元したアプリ」の写真・リンク付きの記事はこちら
img_0067-1024x768

2/5

img_0066-1024x768

3/5

img_0065-1024x768

4/5

img_0064-1024x768

5/5

Prev Next

5年前、Moog Musicがリリースした『Animoog』は、iPadが本物の楽器として使えることを証明した。タブレットのタッチスクリーンを駆使したポリフォニック・シンセサイザーアプリ──。タブレットをスタンドに立て掛ければ、心のなかのキース・エマーソンと交信できる。

Animoogはクラシック・モーグのアナログのDNAを十分踏襲していたが、シンセの外観や感触の大部分において新たな切り口が登場した。今回モーグはレトロなスタイルを選択し、古い設計図を引っ張り出して往年の人気楽器の1つを復刻した。

iOSで動く『Model 15』は、1973年発売の代表的モジュラー・シンセであるModel 15の復刻版だ。現在30ドルほどでダウンロードできるが、この値段が高いと思うなら、次の2点を考えて欲しい。まずこれは商売として使えるプロ級の楽器だ。それに本物のModel 15はスーツケース程の大きさで、値段は1万ドルを超える。iPadヴァージョンであれば、バックパックに入れて簡単に運べるサイズに9割方の機能を実現している。

ツマミをいじる楽しみ

2本指を使ったジェスチャーでノブやスイッチ、ボタンで埋め尽くされたコンソールを拡大したりスライドさせる。カラフルなパッチケーブルを繋いで音をコントロールする様はまさに本物だ。実際のModel 15と同じモジュールがすべて搭載されている。具体的には921シリーズ・オシレーター、ローパスフィルターとハイパスフィルター、907固定フィルターモジュール、ピンポン ディレイユニット、「sound-on-sound」レコーダー、それに他の楽器用の入力機能だ(ただし、オリジナルモデルはアナログ入力だったが、iPadアプリはMIDI入力だ)。

初期のモノフォニック・モーグのサウンドから、あらゆる種類の間抜けな超音波ポリフォニックサウンドまで多数のプリセットを搭載している。感傷的なバス、快活なブラス、パーカッションをバシっと叩く音、風を切る音、宇宙放射線の反響する波、それにディジュリドゥエミュレーターがあれば、たちまちあなたはAphex Twinに早変わりだ。「チュートリアル」プリセットは複雑なサウンドを細かい要素に分解してくれるので、さまざまなモジュールの機能を理解できる。

RELATED

操作はスムーズだ。ノブをひねるには、画面のノブに触れて指を上下左右にドラッグするだけだ。レスポンスは本物の操作盤に匹敵する。確かにiPadのガラスの画面は、実際のノブの感触を何ら正確に再現してはいないが、現実のヴォリュームと同じ正確さで回して値を指定できる。

タッチインターフェイスは、4つ用意されている。具体的には、ピアノスタイルの鍵盤、アルペジエーター、リボンコントローラー、それにAnimoogのダイナミック・スライダーキーだ。iOSの他のMIDI音源のソフトシンセ同様、キーボードやノブコントローラーをiPadに接続可能だ。

構築はMetal

モーグはこのアプリの設計にMetalを採用した。Appleの新しいグラフィック最適化フレームワークだ。これにより複雑なサウンドを複数のモジュールに通す場合でも、つまんだり、スクロールしたり、ひねったりという動作がサクサク反応する。

われわれのテストは新しいiPad Proで行ったが、iOS 9.3が動作する限りiPad Air以降でも動作する。また5s以降のiPhoneやここ2年以内に発売されたiPod Touchでも動作する。とはいえ、絶対に大画面が欲しくなる。iPad Proの大画面ならModel 15の本当の素晴らしさを引き出せる。大音量で他のミュージシャンとセッションするときには、iPad Proが搭載する4つのスピーカーが役に立つ。アンプに繋いだ途端、髪の毛が逆立つ。

以下の動画では、シンセのパイオニア、スザンヌ・シアニがモーグの工場でこのアプリを演奏している。彼女はプリセットパックもつくっていて、このアプリで作成した楽曲をSoundCloudで公開している。