5日放送の「ヒルナンデス!こどもの日SP 人気子役日帰り1人旅!」(日本テレビ系)で、鈴木福が田舎に対して本音を連発する場面があった。

番組では、こどもの日にちなんで小学6年生になった鈴木がゲストとして登場し、彼が人生初の一人旅で香川に向かったロケの模様をVTRで確認した。

日帰りのスケジュールの中で、うどんと神社が好きな鈴木は、うどん屋をめぐり、「こんぴらさん」こと金刀比羅宮(ことひらぐう)でお参りをした。朝食は、釜玉うどんが有名な「山越うどん」で取ることに。最寄りの綾川駅から、徒歩30分の道のりを歩く。すると、鈴木の元に突然、虫が襲ってきた。「何? 怖っ! キモッ! ウエ〜!」「田舎って変な虫がいるからイヤなんだよね…」「また虫いるよ…イヤだぁ〜」と思わぬ災難に困惑しているようだ。なぜか虫に遭遇するとオネエ言葉になる鈴木には、スタジオで笑い声がもれていた。

無事「山越うどん」に到着し、美味しい釜玉うどんを食べた後は、「こんぴらさん」を目指し、香川のローカル線・高松琴平鉄道に乗る。先頭車両の窓から、のどかな景色を眺めながら、鈴木は「田舎って感じですよね」。電車に対しては「あんまり早くはないですよね」「よく揺れません、これ?」「なんか、酔っちゃいそう…」と率直な感想を連発していた。

20分間、電車の揺れに耐え、琴平駅に到着。すると、鈴木が電車の行き先が表示されているところを指し「これさ、普通だったらさ、電子掲示板みたいなんじゃないですか? ローカルだと、こんなんなんですね。逆に初めて見たかも、僕」と驚いた反応を見せていた。

【関連記事】
関ジャニ∞・横山裕 八王子市出身のファンキー加藤に「田舎臭い感じ」
寺田心が西川史子に切実なお願い「福くんと間違えないで」
鈴木福が苦手なイカを番組中に克服 ダジャレまで飛び出す上機嫌に