藤木直人の“婚活金言”の実用性が高すぎる【春ドラマ評  木・金編】
【今からでも間に合う! 注目の春ドラマ 木・金編】

 今やそういう時代なのかと思うけど、独身女性にフォーカスを当てたドラマが最近多い(例 フジテレビ系『デート〜恋とはどんなものかしら〜』『オトナ女子』など)。

 今クールもアラサー、アラフォーには身につまされるシーンが連続のドラマが2作登場している。こ、これはドラマから学ぶ婚活もあるのだという神の思し召し? 自らも独身人生を謳歌中、ドラマ好き20年のライター・スナイパー小林がそんな春ドラマを批評する。

 ひょっとしたら、結婚できるすごいヒントにぶち当たるかもしれない……。

◆不仲の名コンビ誕生!?

グッドパートナー 無敵の弁護士
(テレビ朝日/木曜21時/出演・竹野内豊、松雪泰子)

 企業法務を専門とする『神宮寺法律事務所』に勤める咲坂健人(竹野内豊)は弁護士であり、シングルファーザーでもある。同じ事務所に勤務する夏目佳恵(松雪泰子)は、昨年離婚したばかりの元妻。ふたりは仕事上のパートナーとして、毎回勝ち目なしと言われる案件に立ち向かっていく。

 元夫婦の喧嘩シーンのテンポが良く見ごたえがあり、同じ事務所で働くアソシエイト弁護士軍も個性がだいぶ豊かだ。特に山崎育三郎(赤星元役)はここ最近、濃いキャラで頭角を表していて、彼が登場するだけで小さく期待してしまう。TBSでは松潤主演のリーガルドラマ『99.9%』を放映しているが、それとはまた違い、権力を持った悪代官をぶっ潰していく内容が見ていて気持ちが良い。

◆女子力ゼロに共感の嵐!

早子先生、結婚するって本当ですか?
(フジテレビ/木曜22時/出演・松下奈緒、貫地谷しほり、佐藤仁美、八嶋智人)

 立木早子(松下奈緒)は34歳の小学校教師で独身、実家暮らし。おまけに酒豪で大雑把な性格、つまり女子力ゼロ。「実はそんなに結婚には興味がない」という早子だが、年老いた両親のことを思い、また既婚の妹に発破をかけられて結婚を意識するように。ついには同僚たちと婚活同盟を結成し、生まれて初めての婚活に励むことになるが……。

 結婚という存在を自分とどう照らし合わせるか考えたい人に見て欲しいヒューマンストーリーで、人気の4コマエッセーマンガが原作。同僚役の貫地谷しほりと佐藤仁美のふっくらとした体型が、婚活ドラマにリアル感を持たせている気がするのは私だけだろうか。

◆金言の数々、勉強になります!

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
(TBS/金曜22時/出演・中谷美紀、藤木直人、瀬戸康史、徳井義実)

 39歳、独身、開業女医の橘みやび(中谷美紀)が、ひょんなことから料理人・十倉誠司(藤木直人)の営む和食店で婚活恋愛スパルタ指導を受けることに。指導通りに踏ん張るものの、プロポーズをされた男性とはうまくいかず、高校時代に好きだった同級生と再会を果たすことができたのに、彼に新・彼女が発覚!? と結婚へのコマは思うように進まない日々……。

 原案は水野敬也作『スパルタ婚活塾』で脚本は恋愛ドラマの名手・金子ありささんということで、ドラマの随所に名セリフが散りばめられている。誠司が放つ「ブサイクな女は許すがつまらない女は許さない」「女の価値が高いのは常に今なのだから」など実用性たっぷりな金言が飛び交い、テンポも良い。合コンやデートに行く前に見ると背筋が伸びるドラマだ。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k