魚肉ソーセージをチンしてつくるチップスが美味しい

写真拡大

最近、スーパーやコンビニなどで売っている珍味やおつまみに一手間加える簡単レシピが流行していますが、その中でもおやつや酒のつまみの強い見方である魚肉ソーセージをチンしたら絶品チップスになると話題になっていたのつくってみましたよ!

【関連:血液サラサラにしてくれる新玉ねぎで「新たまフラワー」咲かせてみた】

魚肉ソーセージ

つくり方は簡単。魚肉ソーセージをだいたい2mmから5mmくらいの幅に切ってクッキングシートに並べ、200W前後のレンジで3分チンするだけ。

クッキングペーパーに乗せてチン!

高ワットで加熱してしまうと焦げやすいため、低いワットでつくることがポイントです。筆者も600Wでチャレンジしたら見事に焦がしてしまいました。
もし、500Wや600Wしかついていないレンジをお使いの場合は、まずは1分加熱して、後はソーセージの様子を見つつ加熱時間を増やしていってください。

できた魚肉ソーセージチップスはサクサクの部分と柔らかい部分が同居して、“ザ・大人のおつまみ”に大変身してました! そのまま食べてももっちりサクサクで、一手間加えた甲斐がありました。おやつにもいいし、お酒のつまみにもばっちりです! マヨネーズにブラックペッパーを加えたものでいただいたところ、これはこれでにんまりしちゃう味に。他にケチャップ、マスタードなども合うと思いますよ。

魚肉ソーセージはコンビニでも売っているので、好きだけどそのまま食べるのに飽きたという人は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

カリッとしてうまい

(文:大路実歩子)