どうしたらいいの?美容院で「こっそり担当者を変えたい」時の予約テク3つ

写真拡大

初めて行った美容院。カットして貰ったけどイマイチだった時、次回は担当を変えて欲しいなと思ったこと、ありませんか?

他に指名する人を知らないけれど、また同じ人にカットしてもらって失敗されるのも嫌。かといって予約の際に「〇〇さん以外で」とも言いづらいし……。そんな経験があるかもしれません。

美容院自体を変えるのも一つの解決方法ですが、毎回イマイチだった時に美容院を変えていたら大変ですよね?

そこで今回は、元美容師である筆者が、同じ美容院で担当者を変更したい場合に気まずい思いをしなくて済む、スマートな予約方法を3つご紹介します。

 

■1:インターネット予約を利用する

最近は、インターネットで予約をする事ができる美容院が多くなりました。電話だと言いづらい事でもパソコンでのやり取りなら伝えやすいですよね?

ただし、インターネット予約を行っているお店に限られますので、自分の使った美容院が対応しているか早速チェックしてみましょう。

 

■2:担当者がお休みの日を狙う

あえて前回の担当者がお休みの日を狙って、別の担当者を指名して予約を入れるのなら気まづくないですよね!

お店のホームページに、担当者の出勤スケジュールが載っていたりする事があるので、事前にチェックしてみるとよいですね。

 

■3:担当者を変更する理由をポジティブに伝える

電話予約をする際に、担当者をどうするか聞かれたら、

「前回初めて伺って〇〇さんに担当してもらったのですが、色々な方にやってみてもらいたいので今回は、別の方でお願いします」

と言ってみましょう。これなら、電話でも言いやすいのではないでしょうか?

 

■理想の美容師に出会うコツ

そもそも、最初に行く美容院や担当者を選ぶ際に、外さない秘訣があれば押さえておきたいところ。

筆者がオススメするコツは、予約をする際に自分の髪質や理想の髪型をきちんと伝えて、そのヘアスタイル作りが得意なスタイリストをお店で紹介してもらう事。そうすれば、理想の美容師に出会える確率が高くなりますよ!

なかなか理想の美容師に出会えないという方、是非やってみて下さいね!

 

以上、いかがでしたでしょうか?

ちなみに、元美容師である筆者の経験ですと、髪型の仕上がりが気に入らなくて担当者を変えるお客様は意外と多いです。

確かに、担当を変えられると美容師は落ち込みますが、お客様はそんな事を気にしなくても大丈夫! ちゃんと希望どうりにカットできなったのですから、担当が変わったって仕方がないこと。お客様が気まずくなる必要はないのです。

素敵な髪型にしてもらえるように、堂々と担当者を変更して予約してください!

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ 入浴中からアレ塗って!時短ヘアケアのテクニック3つ

※ ゲッ…やってる!美容師から「困ったお客さん」認定されてしまう人の特徴3つ

※ 美容師が泣いちゃう!「せっかくの美髪が台無しになる」NGホームケア3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強〜い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【姉妹サイト】

※ スカーフだけじゃない!「シルクの驚くべき美容効果」3つ

※ 「スマホたるみ女子」が激増!スマホでほうれい線が深くなるワケとは

 

【画像】

※ Tyler Olson / Shutterstock