民進党提供

写真拡大

(台北 5日 中央社)民進党・蔡英文主席が今月20日に総統に就任するのを祝い、記念酒数種類が製作されている。同党はこのほど、就任当日に開くパーティーで来賓に贈呈されるコーリャン酒のパッケージデザインを公開。純白のシンプルな陶器製瓶で、洗練された質感が表現されている。一方、蔡氏のドット絵風似顔絵などがプリントされた記念ビールは、すでに店頭に並び始めた。販売開始から2時間半で売り切れる店舗もあり、人気を見せている。

同党メディア・クリエイティブ・センターの李厚慶主任によると、今回の就任記念コーリャン酒は、これまでのような肖像画のデザインをやめ、権勢を振るうイメージを取り除いた。

デザインを手掛けたのは、国際的に活躍するグラフィックデザイナーのアーロン・ニエ(聶永真)氏のチーム。瓶は有名窯元の「台華窯」が製造した。それぞれの瓶には5〜6回にわけて異なる角度で吹付が施され、表面にはランダムに塗られた山水柄のようなデザインが浮かび上がっている。瓶に押されている落款は、芸術家のホー・ジァシン(何佳興)氏が担当した。

李主任によれば、祝賀パーティーでは約1000本が配られる予定。今月末には3000本が一般販売される。

コーリャン酒と同様、ニエ氏がデザインした総統就任記念版の「金牌台湾ビール」は、総統就任を前にした4日、量販店での販売が始まった。大型スーパーRTマート(大潤発)の台北市内の店舗では、午前7時半の開店と同時にビールを求める客が殺到。用意されていた80セットは2時間半で売り切れた。その他の店舗でも在庫切れが相次いでいるという。

(呂欣ケイ、陳政偉/編集:名切千絵)