坂口佳穂

写真拡大 (全12枚)

ビーチバレーの国内戦「ジャパンビーチバレーボールツアー」が4日、東京・お台場海浜公園で行われ、2日目の予選第2戦に、鈴木悠佳子/坂口佳穂ペアが出場。永田唯/熊田美愛ペアに1―2で敗れ、準決勝への4強争いから脱落した。

注目を集めた、鈴木/坂口ペアの予選結果は、1勝1敗だった。昨シーズンは、1勝も得ることができなかったが、当然、満足いかずの様子。今大会の戦いぶりについて、坂口は「収穫はありません。最終日まで残りたかった」と悔しさをにじませた。

チームを引っ張る鈴木は、敗北を喫した今のチーム状況について「サーブが弱い」と述べた。当日は、強風のコンディション。攻めきれなかった勇気の無さを悔いていた。

この日決まった女子の4強チームは、永田唯/熊田美愛ペア、鈴木千代/石坪聖野ペア、草野歩/長谷川暁子ペア、西堀健実/溝江明香ペアだった。
(取材:野原誠治)

▼ 鈴木悠佳子/坂口佳穂ペア



▼ 永田唯/熊田美愛ペア



▼ 予選第2戦(鈴木/坂口 VS 永田/熊田)より



▼ 鈴木悠佳子/坂口佳穂ペア



▼ 坂口佳穂



▼ 坂口佳穂/鈴木悠佳子ペア



▼ 坂口佳穂



▼ 鈴木悠佳子/坂口佳穂ペア



▼ 鈴木悠佳子/坂口佳穂ペア



▼ 坂口佳穂



▼ 熊田美愛/永田唯ペア