日本政府観光局によれば、2015年に日本を訪れた中国人旅行客は前年比107%増の約499万人に達した。多くの中国人旅行客が訪日するなか、マナーをめぐるトラブルも頻発しているが、これは日本と中国の文化が違うためであり、中国では問題ないとされる行動が日本ではマナー違反になってしまうケースが多いためと言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本政府観光局によれば、2015年に日本を訪れた中国人旅行客は前年比107%増の約499万人に達した。多くの中国人旅行客が訪日するなか、マナーをめぐるトラブルも頻発しているが、これは日本と中国の文化が違うためであり、中国では問題ないとされる行動が日本ではマナー違反になってしまうケースが多いためと言える。

 中国メディアの中潔網はこのほど、中国人の多くは「日本旅行に行きたがる」と指摘する一方で、中国人の多くは「日本の文化や習慣、マナーに対する知識が欠如している」と指摘、日本旅行を楽しいものとするためにも日本の文化などを前もって知っておくべきであると論じた。

 記事は、日本と中国では文化や習慣がまるっきり異なることを指摘したうえで、特に日本で「やってしまうと白い目で見られる」行為を紹介している。1つ目に挙げたのは、「列に並ぶ」文化であり、日本人が自発的に列に並ぶことは「美しき秩序」であると称賛しつつ、「日本は秩序を重んじる国であるため、トイレであろうが買い物であろうが列に並ぶ」ことが必要だと指摘した。

 さらに、日本で食べ物を食べる際は「箸で刺して口に運んではいけない」と指摘。さらに、歩きながら食べることや、食事が終わった後もずっと席を占領し続けることはマナー違反であると指摘した。

 2016年に入り、中国人訪日客の消費が徐々に「モノ」から「コト」へと変化しつつあるとの見方がある。温泉も中国人旅行客にとって人気のコンテンツの1つだが、記事は「日本で温泉に入るときは日本のルールに則ることが必要だ」と指摘し、湯船へのタオルの持ち込みは禁止、さらに入浴前にはまず身体を洗うことが必要だと論じた。

 多くの中国人旅行客が日本を訪れることは歓迎すべきことだが、不要なトラブルは避けて欲しいのが日本人の共通の考えだろう。そのためにはやはり、中国人旅行客が事前に最低限の知識を頭に入れておくことが必要であり、記事が紹介しているような知識を仕入れたうえで訪日し、楽しい思い出とともに帰国したもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)