この無名の天才がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」である証拠(3)

写真拡大

当人の告白があったという報道もされている。しかし、彼はほんとうに「謎のビットコイン開発者」その人なのか。ときにネット上の虚像に嫉妬し、スパコンへの投資を惜しまなかったクレイグ・ライト。2015年12月に『WIRED』USが世に出した記事が語る、その人のディテール。

「この無名の天才がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」である証拠(3)」の写真・リンク付きの記事はこちら

[本記事は「この無名の天才がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」である証拠(1)」ならびに、「この無名の天才がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」である証拠(2)」の続きです。]


わたしたちは、接触を試みた

2015年12月1日、『WIRED』は暗号化されたメールをクレイグ・ライトに送り、彼の秘密を知っていることを仄めかしたうえで会見を申し込んだ。その2、3時間後、わたしたちは慎重な返信を〈Tessier-Ashpool@AnonymousSpeech.com〉というアドレスから受け取った。テスィエ=アシュプール──ウィリアム・ギブスンのスプロール三部作に登場する巨大財閥だ。ライトは自分のTwitterプロフィールでもこの架空の一族の名を引用している。

メールのIPは、(前記事で言及した)Vistomailがパナマで管理しているIPアドレスに由来するものだった。サトシ・ナカモトも、ビットコインを紹介するメールの送信やBitcoin.orgの運営のために同じサーヴィスを使っていたことがある。

「これは捨てアカウントだ。(匿名化ソフトウェアの)Torにさえ抜け道があるが、パナマの人たちは非常に善良で、他人の大切なプライヴァシーを侵害したりはしない」。暗号を解くと、メールにはそのように書かれていた。「いろいろ掘ってるようだが、どこまで深いところにいるんだ?」。そして、メッセージはこう結ばれていた。「それでは。テスィエ=アシュプール取締役より」

暗号化したメールを送り、彼の秘密を知っていることを仄めかしたところ、わたしたちはまた奇妙なメッセージを受け取った。「君たちはいくらかは知っているらしい。必要以上にね」

その2、3時間後、同じアカウントからさらに奇妙なメッセージが送られてきた。「この通り名はある目的のために選ばれたものだ。わたしにはリソースがある。それがわたしを畏怖させる。わたしはまだ、自分の能力がどの程度のものであるのかを知っていく、そのずっと初期の段階にいる。だから、たとえリソースがあってもわたしはまだ傷つきやすい」。「君達はいくらかのことを知っているらしい。必要以上に」

こちらからの返信でビットコインの発明とライトの明白なつながりを示す3つのブログ記事に触れ、あらためて会合を申し込むと、彼は明快な返答を送ってきた。

「人はみな、ある程度は名声を欲しがるものだが、わたしはそういうものをあらかた捨ててきたんだ」。「秘密を知っている人はもう多すぎるし、世界に知らしめる必要はない。独裁者になる以外にも、変化を起こす方法はある」

その後のメッセージで会合の可能性についてもう一度訊ねると、ライトは検討してもいいという返事を送ってきた。これ以降、わたしたちはやり取りをしていない。

RELATED

彼は餌を撒いたのか?

圧倒的な量の証拠があるにもかかわらず、ライトがナカモトその人であることを完全に証明できるものはない。すべてがよくできたでっち上げとも考えられるし、それもライト自身によって仕組まれた可能性がある。出所の不明なこれらの資料はすべて、あるいは一部が偽物かもしれない。

最も不可解なのは、(先述した)3つのブログ記事について、アーカイヴからそれぞれ異なるヴァージョンを比較すると、そのすべてにビットコインに関する経緯を挿入するかたちで手を加えた形跡が見られるということだ。ナカモトのメールアドレスに紐づけられたPGP鍵や、準備中の「暗号通貨に関する論文」と「三式会計処理」への言及は、2013年以降のどこかの時点で追加されたものだ。

ビットコインのベータ版ローンチに触れた記事にさえ疑わしい点はある。表面上は2009年1月に投稿されたものだが、これは一旦削除され、2013年10月〜2014年6月の間のいずれかの時点で復元されたように見える。あるいは、そのとき初めて記事が書かれた可能性さえある。

ライトのブログ、公的な記録、そして彼自身が書いたことが明白なメーリングリストやTwitterを見る限り、サトシ・ナカモトについて知られている特徴は、彼によく当てはまる。

なぜこのような「餌」が撒かれたのかは謎のままだ。ライトはナカモトを騙って名声(もしくは金)を得ようとしたのだろうか? それともやはり、自分こそがビットコインの発明者なのだと、密かに明かしているのだろうか?

確実に言えるのは、もしライトがナカモトとの関係を偽装したのだとすれば、彼のでっち上げは実のところ、ビットコインを生み出すことそのものと同じくらいに野心的な挑戦だということだ。

彼のブログに痕跡がつけ加えられたのは20カ月以上前のことだ。もしペテンだったとすれば気の長い話である。グリッグの「三式会計処理」への彼の言及は不気味なほど手の込んだ嘘の一部かもしれないが、同時にビットコインに関するまだ知られていない新しい発想を示すものでもある。そして彼がビットコインの富豪であることには疑いの余地がない。McGrathNicolの監査が存在を保証している6,000万ドル分の暗号通貨の貯えは、やはり不自然なほどに巨額だ。

さらに言えば、ライトのブログ、公的な記録、そして彼自身が書いたことが明白なメーリングリストやTwitterを見る限り、サトシ・ナカモトについて知られている特徴はこの男にもよく当てはまるため、ナカモトの最有力候補に挙げられたとしてもおかしくはない。彼は1990年代に反権力を謳い暗号化技術を追求していた「サイバーパンクス」メーリングリストに参加し、財政上のツールとしての金の活用を提唱し、C++のコーディングに長け、どうやらビットコインのようなハッキングの難しいプロトコルを書けるほどのセキュリティのプロでもあり、税務署と戦う新自由主義者で、そしてジャパニーズカルチャーのファンだ。

彼はまたナカモトと同様に奇妙で非凡な人物でもある。偏執的ともいえる独学の人で、2つの博士号をもち、ほぼ年に1つのペースで学位を取っているのを自慢したこともある。地球温暖化否定論者で、セキュリティコンサルティングからビットコイン銀行まで手広く事業を展開する実業家でもあり、ブログ上で1本の鉛筆をゼロからつくる挑戦を始め、何年も費やして鉛筆の黒鉛を焼成する窯をつくるためのレンガをつくるところまでやった、変人だ。

ライトのブログやリークされたメールからは、まだ仮説に過ぎなかった暗号通貨のアイデアに熱を上げ、コンピューター、マシンパワー、ネット接続の充実のために3つの土地を抵当に入れて100万ドルを投資した男の姿が見えてくる。最初のビットコインを採掘するため、自宅のある東オーストラリアの辺境まで光ファイバーケーブルを引いたほどだ。

彼の会社、Tulip Tradingは世界でも上位500台のうちに格付けされる規模のスーパーコンピューターを2台構築し、どちらも暗号通貨関連のプロジェクトに利用されているようだ(ライトはチューリップのモチーフを好んで用いている。ビットコインを17世紀オランダの「チューリップ・バブル」になぞらえる人々への冷やかしらしい)。

これらのスーパーコンピューターのうち最初に立ち上げたものを、彼は日本語で「すくりぷと・おかね」と名付けた。もう1つは「Co1n」と呼ばれ、個人が所有するスーパーコンピューターのなかでは世界で最も強力なものとして知られている。ライトがビットコイン開発者会議で語ったところによれば、この2台目のスーパーコンピュータは「ビットコインのスケーラビリティーをモデル化する」という謎めいた仕事に利用されている。またその一方でさらに強力なスーパーコンピューターを、地熱による電気が安く利用できるアイスランドに構築中だという。

サトシ・ナカモトのものと思われる巨額のビットコインが、なぜ公に観測できるブロックチェーン上で一度も移動されることがなかったのか、ビットコイン・ウォッチャーたちは長い間不思議に思っていた。ライトがもつ110万ビットコインの「チューリップ」資金が、この謎を解く鍵かもしれない。いまは亡きライトの友人、デイヴィッド・クレイマンがサインした信託資金のPDFによれば、このビットコインは2020年まで同じ場所に保管されるが、ライトは「P2Pシステムの研究」や「ビットコインの地位と価値を高める商業活動」などの利用のためにこれを自由に借り出すことができる。

こうした例外が設けられているにもかかわらず、秘蔵された100万ビットコインは、クレイマンが2013年にこの世を去ってからもいまだに動かされてはいない。おそらくライトは投資として、同じ場所にコインを保管し続けているのだろう。見えにくい方法で資金を投機に用いている可能性はある。例えば彼の会社に融資するという名目で資金の所有権を合法的に移し、一方でビットコイン自体は同じアドレスに残しているかもしれない。あるいは彼は2020年1月1日を待っているのかもしれない。この日が来れば、史上最高額の暗号通貨を一度に放出することが可能になる。

明かされていく秘密

証拠のうち、いくらかは彼自身によって用意されたように見えるが、それでも彼はプライヴァシーを愛し、行方をくらませることに長けている。ナカモトを崇拝するビットコインユーザーのほとんどは彼を疑ったことさえなかった。

「外へ出て『わたしは億万長者だ』とか『XYZを運営している』とか『これがわたしの人生だ』とか言いたくないときに、こういうことを人々にふれまわるよう強要されるのはおかしい」。10月、ラスベガスの群衆に向けて彼はそう語った。開発者会議の出席者から、ビットコインが財産権に対してもちうる意義について尋ねられた時のことだ。「自分たちの生き方は自分たち自身で決められるようになるべきだ」

リークされたメールを読む限り、ライトはビットコインの発明者を突き止めようとする動きに時折いらだっていたようだ。「わたしはアメリカ人なんかじゃない! ドリエン(Dorien、スペルは原文ママ)とも呼ばれてない」というメッセージが、ライトから同僚に宛てた2014年3月6日のメールに見られる。ビットコインの発明者をアメリカ人のドリアン・サトシ・ナカモトだとする、信ぴょう性に欠ける説を『Newsweek』が公表した日だ。

ライトはNewsweekの説を個人的な侮辱と受け取ったようだった。「あんたたちの広告塔じゃないんだ。わたしは見つからなかったし、見つけられたくない」と、同じ日の別のメールで彼は書いている。同僚に宛てられたこの「please leak」(リークしてください)というタイトルのメールは、Newsweekの説を否定するナカモトの投稿の、初期の下書きといえるものだったかもしれない。実際の公式な否定は、P2Pファウンデーション・フォーラムのナカモトのアカウントから投稿された珍しいメッセージで、単に「わたしはドリアン・ナカモトではありません」と書かれている。しかしライトの私的な反応はもっと感情的なものだ。「探し回るのはやめろ…プライヴァシーって知ってるか? 無料のプレゼントはもうこれっきりだ!」

とはいえ、ライトはしばしばナカモトに嫉妬していたようでもある。「みんなわたしの秘密のほうを愛していて、わたしのことは嫌いなんだ」。クレイマンに宛てた2011年のメールで彼はそうこぼしている。「わたしは何百も論文を書いた。サトシは1本だけ。それっきり、たった1本きりの論文なのに、わたしは関わることができないんだ!」

もしライトが本当にビットコインの発明者だということが明らかになれば、それは単に数百万人のギークの好奇心を満足させる以上のインパクトをもつ。

ビットコイン経済はライトの100万ビットコインの資金への対応を迫られるだろう。これが2020年に放出可能になるとすれば、彼と彼から多額のビットコインを得た人々がオープンな市場で自由に取引できるようになり、暗号通貨の価格には大きな影響が出る。ビットコインのコミュニティで現在続いているさまざまな議論、特にビットコインの「ブロックサイズ」に関わる大論争にも、ようやく姿を現したナカモトの指導が求められるだろう。ライトの会社で行われているビットコイン以後の研究の成果が明らかになれば、世界はライトの広大なヴィジョンと格闘することになるだろう。そして暗号通貨の研究史は今後永久に書き換えられるかもしれない。

ライト自身、サトシ・ナカモトの捜索者たちに敵意を向けているものの、最近になって二重生活の痕跡をあちこちに残しているように見える。ここ2年の間に、自分のブログでビットコインに言及することが多くなっていた。Twitterにさえヒントをふりまいていた(もっともその多くは今月の初めに削除され、原文記事が公開された15年12月現在、アカウントには鍵がかけられている)。

「アイデンティティは名前ではない。それを他人との共通の経験として考ようとしないのが間違いのもとだ」。昨年10月に彼はそうツイートしている。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のある教授が今月初めにサトシ・ナカモトをノーベル賞に推薦し、身元不明により受賞資格なしという判断が下されたときにも、ライトは激しい反応を見せた。「もしサトシちゃん(Satoshi-chan)がACMチューリング賞とかノーベル経済学賞を取るなら、きちんと皆に知らせるだろう」と日本語をまじえつつTwitterに書いていた。

「リーダーになりたいと思ったことは一度もないが、わたしに選択権はない」。確認できる最後から3つ目のライトのツイートではそう書かれていた。「わたしたち自身がつくり出したものによって、わたしたちは生産されているのだ。彼らがわたしたちを変えるのだ」

暗号化された、そしてとりとめのない2014年9月のブログ記事の1つで、彼は自らの長いキャリアについて綴っている。サトシ・ナカモトほどの富を築ける者は他におらず、また永遠に隠れていられる者もいないのだと、そこではしぶしぶ認めているようにさえ思われる。

「わたしには秘密にしている力と謎がある」とライトはもの思わしげに書いていた。「少しずつわかってきて、また受け入れつつもあるのは」と彼は付け加えた。「永遠に秘密のまま残るものなどないということだ」

[本記事は「この無名の天才がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」である証拠(1)」ならびに、「この無名の天才がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」である証拠(2)」の続きです。]

INFORMATION

『WIRED』VOL.16「お金の未来(と、かわりゆく世界)」

ペイメントを変えうる“未来のカード”・Stratosなどへの取材から見えてきた、お金と支払いと経済の未来とは? 一部では「もはや終わった」とさえいわれる暗号通貨ビットコインを軸に、新たなテクノロジーがマネーそのもの、あるいは世界の経済に対してもたらす可能性を追求する。そのほか、ロンドンのスタートアップ/フィンテックシーンを訪ねた「英国式イノヴェイションの起こし方」特集も必見の内容。