運動しても痩せない人の共通点とは?

写真拡大

運動をしている、だけどダイエットがなかなか進まなくて体重が落ちない・・・そんな人には共通点があるようです。普通に考えると運動をいつもより多めにしていれば痩せるのでは?と思われますが、何が共通して痩せないのでしょうか?

痩せない運動をしているという共通点

まず、痩せない人は痩せない運動をしている可能性が高いです。つまり代表的なところでヨガストレッチです。これを運動だととらえている時点で間違えているのですが、ジョギングと比較するとゆるやかで、続けやすいですが、カロリー消費は見込めない運動です。

筋トレも痩せない運動の1つで、消費カロリーが少なく、基礎代謝がアップすると言われていても、それほどたくさんアップしないので、効率が悪いということになります。

食事や間食の仕方が間違っている共通点

運動をしているから食べよう!と言って食べるのはNGです。運動と食事制限合わせて、うまくダイエット出来るので、運動しているからその分食べてしまうと当然体重は減りません。

食事を減らすからケーキを食べるというのもの、脂質と糖質の摂りすぎになり、アンバランスになってやはり体重を落とすことは出来ないのです。

結果が出なければすぐに断念するという共通点

痩せないのには色々な理由がありますが、運動しても結果が出てこなければ、駄目だと感じてすぐにやめてしまうという人が、大多数、ダイエットで失敗している人です。

運動の結果や体型に変化が出るにはどうしても1か月や2か月ほどはかかります。1週間で結果が出せる方法なんて、殆どありません。この共通点に当てはまり、ドキッとした人は、今一度考え方を変えてみると良いでしょう。