伸ばし合いの展開を予想する武藤(撮影:ALBA)

写真拡大

<ハッサンII世トロフィ 事前情報◇4日◇ロイヤル・ゴルフ・ダール・エス・サラム レッドコース>
 5月5日(木)からモロッコの首都・ラバトで開催される欧州ツアー『ハッサンII世トロフィー2016』。日本からは昨年の『ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯』優勝による推薦枠で武藤俊憲が参戦する。
【関連】プロアマ戦出場のモロッコ王子のアイアンは本間ゴルフ?
 今大会は同コースを2つに分け(レッドコース18ホール、ブルーコース18ホール)、欧州男子ツアーと平行して欧州女子ツアー『ラーラ・メリエム王女カップ』も開催。パッティンググリーン上で男女プロが同時に練習をし、プレーヤーズラウンジも共用する大会スタイルとなっている。
 日本勢で唯一の出場となる武藤は、火曜の練習日に18ホールをラウンドし「狭くてフラットなコース。日本の印象に近い」と印象を受け、毎日アンダーパーの伸ばし合いを想定。「ショットの精度が要求されるので、ショットメーカーの僕としてはありがたい」と感触を得たという。
 昨年、同じく『ネスレマッチプレー』覇者として出場した松村道央と、岩田寛が出場した際は3月開催だったが、今年は国内男子ツアーも既に始まっている5月開催。シーズンインして数試合戦っての同大会参戦だけに「ショットの状態も良くなっている」と手ごたえを口にするが「海外での試合は日本ツアーで通用することが通用しなくなる」と警戒心を持って準備を進めている。
 「あとはコンディションを持っていけるか」と、試合前日は会場での練習は早めに切り上げ、ホテルでのトレーニングへ向かった武藤。5月5日の現地時間14時10分(日本時間22時10分)にティオフを迎える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【米国男子】松山英樹、マスターズ以来の出場も米メディアは期待大
【ギア】アマチュアが選ぶ“本当に飛ぶ”ドライバーランキング