3日、国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」はパリの街頭に大型ポスターを掲示し、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席ら12人を「報道の自由の敵」として風刺した。写真は習主席。

写真拡大

2016年5月3日、仏パリに拠点を置く国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」は世界報道自由デーのこの日、パリの街頭に大型ポスターを掲示し、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席ら12人を「報道の自由の敵」として風刺した。仏RFI(中国語電子版)が伝えた。

ポスターでは、グラスを掲げる習主席の横に「100人のジャーナリストが拘束され、一部は残酷刑を受けた」「メディアを支配下に置き、ネットを規制し、ジャーナリストの家族への嫌がらせを続けている」などと記している。

国境なき記者団は報道の自由度に関するランキングを2002年から毎年発表している。16年のランキングで、中国は180カ国・地域中176位だった。(翻訳・編集/柳川)