3日、太平洋地域における韓国製洗濯機の売り上げが3倍に上っている。資料写真。

写真拡大

2016年5月3日、中国経済網によると、韓国製洗濯機が太平洋地域で爆発的な売れ行きを見せている。売り上げが3倍に上った。

韓国・聯合ニュースによると、韓国税関は3日、第1四半期統計を発表したが、オーストラリアとニュージーランド向けの洗濯機の輸出が爆発的に伸びていることが分かった。両国での第1四半期の販売額は617万ドル(約6億5600万円)と前年同期の223万ドル(約2億3700万円)から3倍近い伸びとなった。

追い風を生んだのは自由貿易協定(FTA)だ。2014年に韓国・オーストラリアのFTA、2015年に韓国・ニュージーランドのFTAが発行している。関税がかからなくなったため価格が下がっている。

ただし全世界向けでの統計では洗濯機の輸出は第1四半期にマイナス3.4%と落ち込んでいる。輸出全体は13.1%のマイナス。15カ月連続でのマイナス成長となり、韓国史上最長記録を更新した。(翻訳・編集/増田聡太郎)