南京虫(トコジラミ)の被害が世界中で拡大(shutterstock.com)

写真拡大

 日本政府観光局(JNTO)の累計では、今年の1〜3月の訪日外客数(総数)は575万2800人、前年同月比の伸率39.3%と絶好調ぶりが伺える。

 2020年東京五輪を見据えた宿不足解消策として東京・大田区で特区民泊事業も始まったが、今回紹介する問題には、どんな国家戦略が取られるのだろうか?

 「南京虫」という古くからの俗称もあまり聞かれなくなり、国内では数十年前に姿を消したともされてきたトコジラミ(英名:bedbug、学名:Cimex lectularius)。現実は消滅どころか、彼らの皮膚が厚くなり、むしろ進化に伴い、一般的な殺虫剤に対する「耐性」が高まっている可能性が濃厚だという研究報告が公表された。

 この知見から、近年、欧米中心に拡がるトコジラミ被害の増殖理由を説明できるのではと耳目を集めている。

厚みが増して殺虫剤に負けない屈強さを得る

 注目の研究結果は「PLOS ONE」(4月13日)に掲載された。研究著者であるシドニー大学(オーストラリア)のDavid Lilly氏はこう語っている。

 「トコジラミが殺虫剤に対抗するために培った生物学的メカニズムを解明できれば、その防御の隙を突き止められる。その弱点が新しい対策に利用できる可能性は高いと思います」

 トコジラミは、その名称に反して、シラミ目ではない。セミやアブラムシやアメンボなどと同じカメムシ(半翅)目に属する昆虫だ。他の昆虫と同様にクチクラ(角皮)と呼ばれる外骨格で覆われている。

 Lilly氏らは走査電子顕微鏡を用いて、殺虫剤に耐性を持つトコジラミから採取したクチクラの厚さを検証。同様に耐性の低いトコジラミの外骨格も調べて、双方を比較したという。

 その結果、殺虫剤を曝露された際、クチクラが厚いほど生存率が高い可能性を突き止めた。
欧米では休業に追い込まれた一流ホテルや高級ブランド店も

 トコジラミの成虫は5〜8个鵬瓩ない。が、唯一の栄養源が「血液のみ」なので体重の何倍もヒトや犬や猫、鳥やねずみなどから吸血する。しかも成虫は飢餓に強く、吸血ができない状況下でも23℃下で雄が85日、雌が69日、13℃下では約1年としぶとく生存する。

 吸血時間は10分以上を要することも稀ではなく、20分に及ぶ場合さえある。吸う際に彼らの唾液が体内に注入され、そのアレルギー反応で皮疹や痒みが生じる。しかし、初めて刺された若い人の場合、症状が出ないので被害の発見が遅れてしまう可能性もある。

 Lilly氏らの研究が注目されている背景には、欧米で2010年前後から増加した相談数の深刻さがある。ニューヨーク市のホットライン事情を例にとれば、2008年の2万1922件から翌09年の相談数は3万3772件に増加。

 2010年夏にマンハッタン中心部でトコジラミ発生が理由の店舗休業が相次ぐに及んで市は、50万ドル投入の撲滅作戦を展開した経緯がある。

 原因は海外渡航者の荷物に紛れてホテルに持ち込まれたり、ホテルから自宅へ移ったりする例が多い。今の時代、出没状況や被害実態はたちまち投稿で拡散されるため、一流ホテルや高級ブランド店ほど戦々恐々。実際、休業に追い込まれた例や数億円単位の訴訟問題まで起きている。

 それが対岸の火事でない証しが、JTB協定旅館ホテル連盟会員向けの保険を扱うJTB旅連事業の当時の対応の敏速さだ。NYCの深刻さと会員からの要望を受けとめ、2011年12月1日始期契約の「トコジラミ駆除費用保険」を初めて発売している。

 一方、世界保健機構(WHO)は一昨年、「ついに抗生物質が効かない時代が到来した」と全世界震撼の警鐘報告を発表。ペニシリン発見から85年間にわたる抗生物質乱用の末、地球各地でそれが効かない「薬剤耐性菌」が拡大中との仰天報を人類は突きつけられた。

 あらゆる隙間を好み、ベッド木部のつなぎ目や底面、布団・枕の寝具やカーテンの折り目にも沢山の糞を残してゆく南京虫。吸血源のない空き家や倉庫でも生存し、中古ないしはレンタル家具として宿泊施設に持ち込まれる可能性も高い。

 民泊をめぐる各種トラブルが浮上し、各地での空き家問題が深刻さを増すばかりのわが国も、例外なしの深刻化は必至。Lilly氏らの成果が一日もはやく新開発剤の登場に結晶することを祈りたい。
(文=編集部)