トゥーロン国際大会の組み合わせが決定…U23日本はポルトガルらと対戦

写真拡大

 第44回トゥーロン国際大会の組み合わせが4日に決定し、U−23日本代表はグループBでイングランド、ギニア、パラグアイ、ポルトガルと対戦する。

 U−23世代の同大会は5月18日から29日にかけて、フランスのトゥーロンで開催。日本は21日のパラグアイ戦で初戦を迎え、23日にポルトガル、25日にギニア、27日にイングランドと対戦する。グループAとグループBの各組1位が決勝戦に進み、同2位が3位決定戦で対戦。試合は40分ハーフで行われる。

 手倉森誠監督は、JFA(日本サッカー協会)の公式サイトを通じて、「日本サッカーの新たな歴史を作りたいリオデジャネイロ・オリンピック。そこに向けた貴重な大会となります。良い準備が良い成果をもたらします。まさしく良い準備をしなければいけない大会です。我々が目指すところを意識して、志をもって一戦一戦大事に戦っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 なお、U−23日本代表のメンバーは6日に発表。11日には佐賀で行われる「MS&ADカップ2016 〜 九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本 〜」でガーナ代表と対戦する。

■第44回トゥーロン国際大会の組み合わせ
(グループA)ブルガリア、フランス、マリ、メキシコ、チェコ
(グループB)イングランド、ギニア、日本、パラグアイ、ポルトガル

■日本の対戦カード
21日 vs パラグアイ
23日 vs ポルトガル
25日 vs ギニア
27日 vs イングランド