ゲッ…言ってた!ママ友に「夫婦問題を相談しないほうがイイ」理由5つ

写真拡大

夫婦間の問題を、親しいママ友に相談する女性は少なくないですよね。

共感してもらえると安心しますし、過去に同じような経験をしたママ友からは有意義なアドバイスをもらえそうに感じるものです。

でも、ママ友と言えども他人。もしも、あなたに日頃から嫉妬していたママ友に悩みをブチまけてしまうと、予想外に“悪いアドバイス”をもらってしまうことも……。女の世界って、本当は怖いのがリアルだったりしますよね?

そこで今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、心を許したママ友以外には夫婦の問題を相談しない方が賢明な理由を5つお伝えします。

相談する相手は、慎重に選びましょう!

 

■1:「離婚すれば?」と安易な助言をされる恐れがあるから

日頃からあなたのラブラブっぷりを嫉妬していたママ友ほど、問題が起きたときに「いっそ、離婚しちゃえば!?」などとトンデモないアドバイスをしがち。

また、自身に離婚経験があるママ友も、自分の経験談から離婚を促すような結論に至るケースが多いのも事実です。

信頼できるママ友であれば、あなたの幸せを第一に考えて助言をしてくれるはずですが、そこまで熟していない関係で相談してしまうと、想定外に離婚を勧められてしまうリスクが高めなんです。

身近なひとから“離婚”を勧められると急に現実味を帯びた選択肢になりがちですが、離婚は最後の手段ですから、安易に選びたくないですよね。

 

■2:ママ友グループに広まってしまうから

信頼できるママ友なら問題ありませんが、そこまで関係が熟していないのに夫婦の問題を話してしまうと、口が軽いママはすぐ周囲に広めてしまいがち。

「絶対に言わないでほしいんだけど……」と釘を刺したとしても、「本人から“言わないでね”って言われたんだけど、じつはね……」などと言い訳しつつ噂の対象になることも……。

自分が知らないうちに、周囲のママ友に夫婦不仲説が流れていたとしたら、ガッカリですよね。相談は、心を許せるママ友以外には絶対に避けたほうが賢明です。

 

■3:マウンティングの材料にされるから

関係が熟していないママ友にうっかり夫婦問題の相談をしてしまうと、その時はよくても後日マウンティングの材料にされるリスクもあるんです!

「あなたのお宅ではご主人が○○だったっけ? ウチはそんなことなくてね〜」などと、相談内容をネタにマウンティングされれば、超絶ムカつきますよね。

相手を信用しすぎて相談してしまった結果、“相談に乗ってあげた”という態度で上から目線になられても困りモノです。

 

■4:夫婦不仲認定されてしまうから

どんな夫婦にも、大なり小なり問題はあるものです。

けれども、親しくないママ友に夫婦仲の相談をしてしまうと、「あぁ〜、この家庭はそこまで親しくない私に相談するほど、夫婦仲がヤバイのね」などと誤解を招く事態にも。

互いがまだ信頼しあえる関係になっていないのに、プライベートな相談をするとあらぬ誤解をうむリスクも高まるのが現実です。

だからこそ、心を許せる親しいママ友以外には相談しないほうが賢明といえるでしょう。

 

■5:「結婚なんてそんなモンでしょ」とまともに聞いてくれないから

心を許し合っていないママ友に深刻な相談をされると、申し訳ないと思いつつ「正直、関わりたくない」と思ってしまう女性もいます。

すると、「結婚ってそんなモンじゃない?」などとまともに取り合ってくれることなく、相談したママはモヤモヤを残しがちに。

信頼し合っているママ友であれば親身に聞いてくれる話も、そこまで熟していない関係のママ友だと話すだけ損してしまう事態にもなりがちです。

 

いかがですか?

相談する相手を間違えてしまうと、後々大変な事態を招いてしまいますよね……。

夫婦の問題はデリケートな話題ですし、相談するママ友は慎重に選ぶに越したことはなさそうです。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

我が子の成長を実感…!「いつでも子どもを見守りたい」ママの強〜い味方とは

※ キレイなママさんはみんな使ってる! 美容家も唸る「自然派化粧品」が凄い

※ ママ友から視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

※ 夫やママ友からクスクス…周囲に「呆れられる」若作り主婦の外見4選

※ 悪目立ち!保育園で先生から嫌われる「迷惑ママのトンデモない行動」3つ

※ あ〜いるいる!関わるとケガする「危険なママ友」の性格4パターン

 

【姉妹サイト】

※ 過酷なママ社会を生き抜くには!「ほどほど社交」を働きママがすべき理由

※ 3位ムダ毛処理「夫婦一緒にお風呂」で夫が萎える妻のNG行動1位は

 

【画像】

※ CREATISTA / Shutterstock