IoTな「ガーデニング」をはじめよう:ガジェットいろいろ

写真拡大

センサーシステムを利用して土の状態や日当たり具合、水分、天候データを読み取り、水やりも専用アプリで制御できる「スマートなガーデニング」製品をいくつか紹介。

あらゆるものがチップをもつIoTの時代、ガーデニングにもテクノロジーを導入してみよう。

「IoTな「ガーデニング」をはじめよう:ガジェットいろいろ」の写真・リンク付きの記事はこちら

センサーを利用して、植物の状態を園芸家が理解する手助けをするスマートなガーデニングシステムがいくつかある。たとえば、「Edyn Garden Sensor」は、太陽光発電で機能するスパイク型のセンサーを地面に刺しておくと、土の状態や日当たり具合、水分、天候データを読み取り、スマートフォンの専用アプリに情報を送信する(冒頭の動画)。

Parrotの「Flower Power」も、Edyn Garden Sensor同様、気温や、水や肥料が必要かなど、植物の健康状態についてのデータを提供する。バッテリー稼働だが、植木鉢でも地面でも使える(以下の動画)。

EdynもFlower Powerにも、何千という植物について、好ましい環境や季節ごとに必要な水の量をインデックス化した広範囲なデジタル辞書がある。

複数のスマートデヴァイスを統合管理できるシステムもある。「Green IQ」は、複数のスマートデヴァイスに対して、単一アプリから水やりや日当たりをコントロールできるようにする。「iOS」向けアプリの「Gro」もまた、あらゆるハードウェアと連動させる方法を提供する。

データと現実世界での観察とを相互に照らし合わせることで、バックヤードの畑の生態系をより賢く管理できるようになるだろう。

水やりもスマートに

芝生や畑への水やりもスマート制御が可能だ。先述した太陽光発電で動くEdynセンサーをすでに利用しているなら、「Edyn Water Valve」もチェックしてほしい。同じく太陽光発電を利用するコントローラーで、庭にあるホースに直接取り付けると、裏庭の水道の蛇口が、Wi-Fiに接続した灌漑システムに変身する。ヴァルヴはセンサーが読み取った情報を受け取り、どのくらいの水をまくかを判断するのだ。

Blossom」など、すでに設置された灌漑システム向けのスプリンクラー制御システムもある。アプリ経由で水やりのタイミングをプログラムできるのに加えて、インターネットを使って地元の天気データをモニタリングする。雨が降り始めるという予報を知ったら、ネットワーク接続されたスプリンクラーは、水まきをやめて節水するのだ(以下の動画)。同種のシステムにはほかに、「Rachio」や「Lono」もある。

米環境保護局(EPA)によると、家庭で使われる水の約30パーセントは芝生や庭にまかれている。さらに、屋外で使われる水の約50パーセントは、蒸発や風の影響、下手なシステム設計のせいで無駄になっているという。

動物を避けるには

バックヤードを動物がうろついて野菜を食べられそうになったら、フェンスを張るよりずっと安上がりで、簡単な方法がある。「ScareCrow」は、スプリンクラーで水をまき散らすことで、守りたい植物に近づきすぎた動物を追い払う。水の量もコップ数杯分だという(1個で1,200平方フィート=111平方メートルを保護できると宣伝されている。以下は紹介動画)。

庭や畑にシカを近づけさせずにおくことは簡単ではないし、平均的なシカは1日に2.7〜3.6kgの草を食べる。そんなときはワイヤレスのフェンス「Wireless Deer Fence」を試してみよう。シカにとって迷惑だが、まったく害のないショックを与えてを追い払ってくれる(以下の動画)。