最近チョコレートがやめられない、ポテトチップスがどうしても食べたくなる、コーヒーばかり飲んでしまう……実はその原因、ただの欲ではなくミネラル不足が関係しているかもしれません!

マグネシウム不足でチョコレートがやめられない

甘い物といえば和菓子や洋菓子などいろいろありますが、なぜかチョコレートだけがやたらと食べたくなる人はいませんか? そのような場合、もしかしたらマグネシウム不足により、チョコレートに含まれる成分を体が求めているからかもしれません。
マグネシウム不足の人は体内の抗酸化物質が不足しており、免役機能が低下している状態です。また、セロトニン物質が少なく穏やかさが欠けてしまうことも。
生理前などでチョコレートが食べたくなるのもマグネシウム不足によるもので、イライラしたりするのもこれが理由ともいわれています。
しかし、欲に任せてチョコレートを食べ過ぎるのは糖分が気になるところ。体が欲しているマグネシウムを摂取するためには、なるべくダークチョコレートを選んであげると良いですよ。また、ココアにもマグネシウムが豊富に含まれているのでおすすめ。

ストレスでポテトチップスをバリバリ食べる

塩辛くて歯ごたえのあるポテトチップスが欲しくなるのは、ストレスが原因かもしれません。また、歯ごたえのある野菜にたっぷりの塩をかけて食べるのも同様です。
実は塩分と歯ごたえを求める理由は、副腎が疲労しているからなのです。ストレスが多い人は副腎疲労症候群になることもあり、集中力や体のダルさなどの原因になります。そして、ストレスによりアドレナリンが上昇してしまうと、血圧や血糖値までも上昇してしまいます。
まずはストレスを軽減させるために、軽い運動やストレッチなどをとり入れ、必要な塩分は自然から作られたお塩・魚介類・味噌や醤油などから摂取するようにしてみましょう。

鉄分を欲して苦いコーヒーが飲みたくなる

とにかく苦いコーヒーが飲みたい……そのような欲が出てきてしまう人は、鉄分不足の可能性が。
鉄分は各細胞に酸素を運んでくれる重要なミネラルの一つです。血中の鉄が不足することで疲れやすく、苦いコーヒーが飲みたくなる人がいます。しかし、コーヒーに含まれるカフェインは鉄の吸収を阻害してしまうので、逆の効果を与えていることになります。
このような場合は直接鉄分の多い食材を摂取して、コーヒーを控える必要がありますね。赤身の肉や緑の野菜は、鉄だけでなくミネラルが豊富なのでおすすめな食材です。

ミネラル不足で甘いもの依存

チョコレートだけでなくとにかく甘い物ばかり食べたくなってしまうのは、さまざまなミネラルが不足しているせいかもしれません。これは、スナック菓子が好きだったり、コンビニ食や外食が多い人にありがちな症状です。
添加物の多い食事は、体内に必要なミネラルが摂取できません。まずは、新鮮なお肉やお魚、野菜などを食べて、バランスの良い食事をとらないと、甘いものへの依存がなかなかおさまりません。
忙しいとついつい食生活が乱れてしまいますが、健康のためにも栄養バランスを意識した食事を心がけましょう。