3日、香港の歌手で女優のカレン・モクがイタリア・ベルガモ県の文化大使に選ばれ、現地で就任式に出席した。写真はカレン・モク。

写真拡大

2016年5月3日、香港の歌手で女優のカレン・モク(莫文蔚)がイタリア・ベルガモ県の文化大使に選ばれ、現地で就任式に出席した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

最新のワールドツアー「看看世界」では、ロンドンやマドリード、ミラノでヨーロッパ公演を開催。1日のミラノ公演では国民的歌手のアル・バーノも会場に姿を見せ、現地メディアに「東洋のマドンナ」と紹介されている。

3日、ベルガモ県で文化大使の就任式に出席。ソプラノ歌手のマリア・カラス、「神に祝福された声」と言われるオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティ、英ミュージシャンのエルトン・ジョンと並んで、世界的なアーティストとして同県に認定されたことになる。

中国語に広東語、英語だけでなく、フランス語やイタリア語も堪能な才女のカレン・モクは、就任式のあいさつもイタリア語で対応。17歳でイタリア留学し、そこで出会った初めての恋人と結ばれ、結婚式もイタリアで挙げるなど、何かと縁が深いことについて感謝を語っている。(翻訳・編集/Mathilda)