金門−アモイの「小三通」、4月の利用者数が過去最高を記録/台湾

写真拡大

(金門 4日 中央社)台湾の離島・金門と中国大陸のアモイを結ぶ渡航ルート「小三通」の4月の月間利用者数は16万581人に上り、同月として過去最高を記録した。金門県政府が3日、発表した。同県政府によれば、中国大陸客の割合が増加。今後も引き続き伸長するとみられている。

同県政府は利用者数増加について、中国大陸と金門双方による新政策施行の成果だと説明する。昨年の同月は15万4608人だった。

同県観光処によると、今年1月から4月までの累計利用者数は、前年同期比4.33%増の56万6646人に達した。利用者の出身地別では、台湾57%、中国大陸41%、その他の海外2%となった。中国大陸客の占める割合は、前年は36%だった。

(黄慧敏/編集:名切千絵)