『青空エール』に出演する上野樹里 (C) 2016 映画「青空エール」製作委員会 (C) 河原和音/集英社

写真拡大

2008年から2015年まで「別冊マーガレット」で連載され、累計発行部数340万部を突破する河原和音の人気コミックを、土屋太鳳主演、竹内涼真と葉山奨之共演で映画化する『青空エール』。この作品に上野樹里が出演することが発表された。

土屋太鳳主演で『青空エール』映画化! 共演は竹内涼真、葉山奨之

本作は、札幌にある野球と吹奏楽の名門・白翔(しらと)高校に入学した1年生の小野つばさが、吹奏楽部のトロフィーを眺めていたときに、隣の野球部のトロフィーを眺めていた野球部の山田大介と出会うところから幕開け。つばさは大介に甲子園のスタンドで応援する吹奏楽部に憧れて白翔高校に入ったと明かし、これに大介も「俺、絶対甲子園行くから、小野さんスタンドで応援してよ」と答え、約束を交わすところから展開していく。

この映画で上野が演じるのは、土屋扮する主人公・小野つばさらの吹奏楽メンバーを力強く指導し、吹奏楽部を引っ張っていく顧問教師兼指揮者である杉村容子役。

メガホンをとるのは、『僕等がいた』『くちびるに歌を』などヒット作を連発する三木孝浩監督で、上野とは多くの人々をときめきと感動で包み込んだ映画『陽だまりの彼女』以来のタッグとなる。

本作への出演に上野は「『スウィングガールズ』ではジャズを、『のだめカンタービレ』ではクラシックを体験してきて、今度はブラスバンドという流れに、面白さを感じています。『スウィングガールズ』の時に腱鞘炎になったり、仲間と泣きあったりという経験があるので、それを活かして先生役に向き合いたいと思います」とコメント。

杉村役については「原作を読んで、私が演じる杉村容子はスパルタで怖い先生という印象がありました。『私でいいのかな』と思っていましたが、三木監督が『生徒を背中で引っ張っていくような先生になって欲しい』とおっしゃって下さったのでしっかりと応えていきたいです」と話している。

そんな上野について三木監督は「上野さんと再びお仕事できることを本当に嬉しく思います! 多くを語らず厳しくも優しく生徒を見守る眼差しや内に秘めた強さを持つ杉村先生というキャラクターを表現できるのは、上野さんしかいないと思いました。上野さんは、音楽の匂いのする女優です。役者としてもかつては同じ道を辿ってきた一歩先行く先輩として言葉ではなく、その眼差しや佇まいでみんなを引っぱっていってくれることを期待しています!」とのコメントを寄せている。

『青空エール』は8月20日より全国東宝系にて公開となる。

【関連記事】
『陽だまりの彼女』上野樹里インタビュー
[動画]上野樹里とファンによる誕生祝いにBIGBANGのT.O.Pもノリノリ!
『のだめ』舞台挨拶で上野樹里が「打ち上げ花火のような迫力!」とアピール
『のだめ』が絶好調スタート!上野樹里も「最後にふさわしい作品」と自信