2016年は三栄書房の自動車雑誌& イベントは記念日のオンパレード。我らがclicccarも、5周年という記念すべき年なのです!

そんなスペシャルな年にぴったりな、すべてが最大級の車の祭典“ モーターファンフェスタ ” が富士スピードウェイで開催されました。

1

F1が大好きな私が楽しみにしていたのは、昔のF1マシンを見られること。

 

今回のイベントの大目玉と言っても過言ではない、フェラーリのデモ走行。ミ

ハエル・シューマッハが圧倒的な強さをみせつけた時代の名車「 F2001B 」 と「 F399 」 が富士スピードウェイを駆け抜ける! はずだったのですが 、 濃霧のため予定していた走行は全て中止となってしまいました。残念……

しかし、ガレージではエンジンの暖機がスタート! V10エンジンのサウンドが響き渡ります。やはり、エンジン音は生で聞くのが一番ですね。初めてF1を観に行った時の感動が蘇ってきました。

 

1992年片山右京さんがドライブした、ヴェンチュリーLC92。今のF1マシンと比べてステアリングがすっきりしていますね。

さて、ここでF1豆知識をひとつ。今のF1で使用されている、パドルシフトや様々なスイッチが付いているステアリングはいつ頃から使用されているかご存知ですか?

実はこのマシンと同じ1992年にフェラーリが開発したのです。ミハエル・ シューマッハが自分で燃料セーブなど、マシンの調節をやりたっかったのがきっかけなんだとか。さすがシューマッハですね。

F1速報編集部ブースでは、F1解説でお馴染みの森脇基恭さんとカメラマンの澤田賢志さんによるトークショーも開催。

私……トークショーに飛び入り参加させてもらっちゃいました!初めての経験で緊張しましたが、とても楽しい時間でした( ^ ^

 

トークショーでは幻のF1マシン、ロータス88について解説。

「これってF1マシンですか?」と思わず質問してしまったくらい不思議な形をしたロータス88ですが、ツインシャシー構造と聞いて驚きました。

 

しかし、この斬新なアイディアがレギュレーション違反と判断されたため実戦を走る事ができず、世界に2台しかない幻のF1となってしまったそうです。

ロータス88の私的お気に入りポイントは、フロントウィング。飛行機みたいで可愛いと思いませんか?

また、日本GP伝説のイベント「けんさわ祭り」が復活。恒例の(?)じゃんけん大会では、澤田さんが撮影した歴代F1王者のパネルをプレゼント!

 

お宝をめぐり、熱いじゃんけんが繰り広げられました。私もじゃんけんに参加したかったなぁ……なんて。

控室で澤田さんとお話しさせて頂いたのですが、「海外観戦に行くならどこがおススメですか?」と聞いてみたところ、「イタリア!」と即答。

ファンの方達の熱気がどのサーキットよりも凄くて、さらにホテルからサーキットまでも通いやすい距離にあるそうです。毎年、表彰式の時の盛り上がり方は凄いですよね。いつか行ってみたいグランプリのひとつです。

F1をメインに紹介してきましたが、ここで場内の様子を少しだけお届けします。

当日は朝から雨が降ったり止んだり。雨が止んだかと思うと、サーキット一面霧に覆われるという富士スピードウェイならではのお天気でした。気温も低く、暖かい飲み物でも! と思い自販機に向かうと……

がーん……暖かい飲み物が完売でした。皆さん、考える事は同じですね。

場内を歩いていると、可愛いちびっこドライバーを発見! ジェンソン・ バトン選手とキミ・ ライコネン選手を応援しているそうですよ。レーシングスーツ姿、きまってます☆

TOYO TIRESブースにいた真っ黒なライオン、なんと全てタイヤで出来ていたのには驚きました。

clicccarブースでは、公道を走れる50ccカート「 X-Kart 」 が登場。早速試乗してみました。

X-Kart、何が凄いって普通免許で乗れてヘルメット不要なんです。さらにミニカー登録で道路を走れる、自動車と原付の中間のようなナンバー付きの車両となっています。

いよいよ試乗開始。カートだというのに、道路を走っているなんて不思議です。山あり谷ありとまではいきませんが、走行コースもとても面白くてカーブや坂道でもスピードを保ったまま走行できました。

一緒に試乗した父に感想を聞いたところ「 エンジンの振動や風、ハンドリング全てがダイレクトに感じられる感覚が楽しくて気持ちい! 」 と大興奮でした。一度乗るとやみつきになるX-Kart、また乗りたいです!

F1マシンをはじめ、様々な車達を近くで見たり実際に試乗したりと、一日中楽しめたモーターファンフェスタ。このようなイベントが、また開催されると良いなと思います!

(yuri)

F1女子が行く【 モーターファンフェスタ2016 】。 世界に2台しかない幻のF1マシンを発見!(http://clicccar.com/2016/05/04/368693/)