3日、歌手で俳優のタオがコンサートでの口パク疑惑を否定した。

写真拡大

2016年5月3日、歌手で俳優のタオ(黄子韜/ホアン・ズータオ)がコンサートでの口パク疑惑を否定した。網易が伝えた。

【その他の写真】

韓国の人気グループEXOの華人メンバーだったタオは、昨年春に脱退を表明。中国へ戻り、ソロ歌手・俳優として新たな活動を始めている。1日、南京の中国銀聯体育館でソロコンサート「THE ROAD」を開催した。

しかしこのコンサートについて2日、音楽プロデューサーの梁歓(リャン・ホアン)氏が「口パク」だったと指摘。自身の中国版ツイッター上で、「ほぼ全ての音源はCDから。本人はたまにマイクをオンにして歌うだけだった」と書き込み、さらに証拠としてコンサート当時の動画を公開した。

これに対して3日、タオの個人事務所が声明文を発表。「音楽に対し、われわれは誠実だ」として、疑惑を否定した。激しいダンスが入る場面や、そのダンスによる息切れを補うための技術的な補助はあったものの、指摘されるような「口パク」ではないと説明している。

EXOからはタオだけでなく、クリス(呉亦凡/ウー・イーファン)、ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)と3人の華人メンバーが相次いで脱退を表明。それぞれが中国でソロ活動をスタートし、現在のところはルハンが頭一つ抜けた活躍を見せている。(翻訳・編集/Mathilda)