3日、AFP通信によると、米ホワイトハウスは2日、オバマ大統領の広島訪問については、今もなお検討中であると述べた。写真は広島の原爆ドーム。

写真拡大

2016年5月3日、AFP通信によると、米ホワイトハウスは2日、オバマ大統領の広島訪問については、今もなお検討中であると述べた。

アーネスト米大統領報道官は2日の記者会見で、オバマ大統領が今月下旬に開催される主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席するため日本を訪れる際に、広島を訪問するかどうかについては、現在も検討していると述べた。また、オバマ大統領はこれまでに数回、日本を訪れているが、毎回、広島の訪問について検討してきたとも述べた。先月、ケリー国務長官は広島を訪問した際、心を動かされたと語り、すべての人々が広島を訪れるべきだと述べたことから、オバマ大統領が訪問する可能性が高いとの見方が出ている。アーネスト報道官はまた、米国による日本への原爆投下についてオバマ大統領は日本に謝罪すべきとは考えていないと述べた。(翻訳・編集/蘆田)