写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PHPデベロップメントチームは4月28日から29日(米国時間)にかけて、サポートしているPHPバージョンのそれぞれの最新版を公開した。今回のバージョンは脆弱性の修正を目的としており、PHPデベロップメントチームはすべてのユーザーに対してそれぞれの最新版へのアップグレードを呼びかけている。

・PHP 7.0.6 Released
・PHP 5.6.21 is available
・PHP 5.5.35 Release

PHP 5.5.35では1つの脆弱性と4つのバグが修正されている。PHP 5.6.21では1つの脆弱性と18のバグ、PHP 7.0.6では2つの脆弱性と50を超えるバグが修正されている。特にPHP 7系では脆弱性以外にも修正されているバグの数が多く、早期にアップデートを適用することが望まれる。

(後藤大地)