みなさんはタバコを吸ったことがありますか? 美容への悪影響を知って、吸っていたけどやめたという人も多いと思います。そもそも女性がタバコを吸うきっかけは、どんなことだったのでしょうか。

今回は、『美レンジャー』が女性500人を対象に、タバコに関するアンケート調査を行いました。つい、吸い始めてしまった、その大きな理由とは?

■女性の半数以上が喫煙経験あり

今回のアンケートでは女性500人のうち、「タバコを吸ったことはない」と回答した女性は約半数の237人でした。対して「タバコを吸っている」「吸ったことがある」という女性の割合は52.6%。

過半数の女性が、一度はタバコを吸ったことがあるということが分かります。女性の喫煙率は男性に比べて低いですが、それでも半数以上の女性に経験があるんですね。

それでは、タバコを吸い始めたきっかけをランキング形式で見ていきましょう。

第5位:彼のタバコを一緒に吸った(23人)

喫煙者の彼の影響で、タバコに手を伸ばす女性も少なくありません。親しい間柄だからこそですが、彼がタバコを吸っている間、手持ち無沙汰になってしまうこともあるのでしょう。

一方で、「彼女にはタバコを吸ってほしくない」という男性もいるので、恋人の存在はタバコをやめるきっかけにもなりそうです。

第4位:ダイエットのため(26人)

タバコを吸うと痩せる……。そんな言葉を聞いたことがある人も多いかもしれません。体重オーバーの喫煙者もいるので、長期的には、タバコがダイエットによいとはいえませんが、少なくとも多少の口寂しさはまぎれるのかもしれません。

しかしながら、その他のデメリットを考えると、タバコでのダイエットは決しておすすめできません。

第3位:20才になったから(32人)

喫煙=大人ということで、20才になったからタバコを吸い始めた人が3位でした。初めて吸ってみて、「美味しい!」と感じる人は少数派では?

一度タバコを吸ってみたいだけで、その後、続けて吸ったという人はあまり多くなさそうです。

第2位:ストレス解消のため(52人)

喫煙の理由は、ストレス解消になるからという理由が2位となりました。ニコチン切れを補うことで心理面の安定につながっていると自覚があるようです。

だからこそ、やめにくいという問題もはらんでいそうですが、ストレス解消になる趣味を見つけたり、タバコ自体が身体のストレスになっていると分かれば、やめることができるかもしれません。

第1位:友達のタバコを一緒に吸った(56人)

まわりに合わせてタバコを吸い始めた人が1位でした。特にはっきりとした動機もなく、「一人だけ吸わないのも……」「ついつられて」という感じでしょうか。喫煙が習慣になりやすいのも、こうした環境にいる人が多いと思われます。

こうして見ると、きっかけは付き合いや興味が大半を占めていることが伺えます。

6位以降には「お酒の席でもらいタバコをした」という人も少なからずいて、社会的な付き合いは大きな要因になっていました。こうした人が、もし禁煙したいのなら、環境を変えることが一番の近道ともいえそうです。

■タバコ以外の趣味を見つけよう!

ストレス発散のためにタバコを吸っている人が禁煙したい場合には、別の発散方法が肝心なので、いつくか集中して行える趣味をまとめてみたいと思います。

(1)ストレス発散

ストレス発散の定番はスポーツですが、呼吸で自律神経を整えるヨガや心肺機能を高めるジョギング、上達が楽しめるダンス、大声を出してすっきりするカラオケもおすすめです。

(2)毎日の習慣作りをする

夕食後に海外ドラマを1話ずつ観る、入浴後にジグソーパズルをするなど、喫煙の習慣を忘れる趣味を取り入れましょう。パン作りやセルフネイル、書道も集中して行えるので、気がまぎれるはずです。

喫煙のきっかけと喫煙以外のストレス発散法について見ていきました。

止めたい時に止められれば問題ないのですが、心理的、習慣的に依存してしまうとなかなか止められなくなります。喫煙のデメリットも合わせて知っておく必要がありますね。ぜひ、過去記事の「キツっ!3位口臭より圧倒的“タバコを吸って感じた不調”1位は…」も参考にしてください。