2日、サッカーのイングランドプレミアリーグで岡崎慎司が所属するレスターが初優勝を決めた。中国のスポーツメディア、網易体育は、岡崎について「欧州5大リーグを制覇した10人目のアジア人選手となった」と伝えた。写真はレスター優勝を伝える英国メディア。

写真拡大

2016年5月2日、サッカーのイングランドプレミアリーグで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが初優勝を決めた。中国のスポーツメディア、網易体育は3日、岡崎について「欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)を制覇した10人目のアジア人選手となった」とした上で、「中国の海外組でこの特別な光栄に包まれた選手はいない」と報じた。

記事では、岡崎を、韓国のパク・チソン、日本の香川真司に続くアジア人3人目のプレミア制覇と紹介(2001−02シーズンにアーセナルに所属していた稲本潤一を含めていないが、その理由は不明)。日本の奥寺康彦、長谷部誠、大久保嘉人、イランのアリ・ダエイ、アリ・カリミ、ヴァヒド・ハシェミアン(以上、独ブンデスリーガ)、日本の中田英寿(伊セリエA)も加え、欧州5大リーグを制覇したアジア人10人目の選手となったとした。

記事ではまた、中国人選手について、かつてプレミアリーグのチャールトンに所属し現在も中国代表の主力として活躍する鄭智(ジョン・ジー)、ブンデスリーガのフランクフルトで4シーズンを過ごした楊晨(ヤン・チェン)なども、リーグ戦の優勝トロフィーを掲げることはできなかったと伝えた。(翻訳・編集/柳川)