年なんて関係ない!年齢の差があっても上手くいく方法5つ(photo by ArtFotoDima/ Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】年の差があるにも関わらず、素敵なカップルは多くいますよね。そういった方は、どのようにしてラブラブな状況を維持しているのでしょうか。今回は、年齢の差恋愛でも上手くいく方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【さらに記事を読む】「ヤバイ可愛いんですけど!」男性が思わずドキッとする仕草5選

♥彼の話題に興味をもつ


彼が話す内容によってはジェネレーションギャップを感じる可能性があります。

しかしその時も、そんなの知らないよ、と突き放すのではなく、それでそれで、とさらに深く聞こうとします。

また、男性側も、若いから、という理由でけなすようなこともなく、それも受け入れて会話を楽しみます。

そうすることによって、お互いの知識量も増え、会話が弾んでいくはずです。

会話のキャッチボールをすることで、より仲を深めていくのです。

♥若者言葉は使わない


いくら相手が受け入れようとしても、伝わらなければ意味がありません。

言葉を省略して話しても、彼にはちんぷんかんぷんかもしれません。

絶対に使ってはいけないのではなく、配慮さえあれば良いのです。

例えば、若者言葉を話すのなら、いきなり使うのではなく、こういうのが今流行っているんだよ、と伝えてあげると良いでしょう。

♥二人の思い出を作る


二人の思い出が多くなればなるほど、共通の話題が出来ることにつながります。

歌や流行などは年齢によって好みが分かれたり、会話についていけなかったりしますが、二人で行った旅行や、美味しいごはん屋さんの話なら年齢に関係なく会話できます。

思い出が増えれば増えるほど、会話が弾むことでしょう。

年齢の差を感じずに出来る事を、自然と大切にしているからこそ、いつまでもラブラブでいられるのです。

♥お互いの時間を大切にしている


年の差があるからこそ、相手を縛ったりするのではなく、個々の時間を持つようにしています。

いくらお互いが大好きでも、同年代の趣味、楽しみ方があるでしょう。

そこは、お互いに配慮をして、気持ちよく楽しめるようにルールを作ったりしています。

なので、無理やり時間をつくるようにと無駄に喧嘩をしたりという事がなくなりますよ。

自分の時間がちゃんとあるからこそ、お互いを大切にできるのです。

♥思いやりがある


年齢の差があるからこそ、ちょっとしたことではお互い目をつぶったり、協力してくれたりします。

年上には、同世代にない包容力があり、年下には、可愛いなと思える愛くるしさがあるため、そこもお互いが素敵に見えるポイントなのです。

いけないことを見て見ぬふり、ではなく、お互いがどうすれば良い方向に進むか、努力をしているという事も大切です。

その一生懸命さが、長く続く秘訣でもあるのです。

喧嘩をしても、発言に気をつけているので、すぐに収まることも多いでしょう。

いかがでしたか?

年の差があるからうまくいくこともありますし、それらに関係なく見習う部分も多くあると思います。

大切なのは相手を尊重できる気持ちなのでしょう。

あなたも、年齢関係なく、素敵な恋をしてみてくださいね。(modelpress編集部)