世界大手7行 指標金利不正操作めぐる民事訴訟で和解

ざっくり言うと

  • 世界の大手7行は、指標金利の不正操作をめぐる民事訴訟で和解に合意した
  • 支払い額はJPモルガンが5200万ドルなど、合計3億2400万ドルとなる
  • 同問題をめぐって、年金基金や地方政府などが14行に対し訴訟を起こしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング