Photo by Toffee Maky

写真拡大

 ベッキー(32)が「週刊文春」(文藝春秋)に手紙を送ったことに対してオリエンタルラジオ中田敦彦(33)が「あざとく感じる」と猛批判したことが話題になったが、それに雨上がり決死隊の宮迫博之(46)が「そんなひどいこと、よく言うな」と表明して炎上する事態が起きている。これに限らずベッキーと仲の良かった芸能人たちの擁護コメントは少なくないが、世間ではあまり理解されず温度差が浮き彫りになっている。

■宮迫の発言に「悪質なパワハラ」との指摘も

 中田は4月27日に出演した『白熱ライブビビット』(TBS系)において「プライベートであるはずの手紙が間接的に伝わっていることも、それを狙ってるところも、あざとく感じちゃう」とコメント。ベッキーが不倫相手とされるゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)の妻に「一対一で直接謝罪したい」と希望していることについても「(計算が透けて見えるから)奥さんは謝罪を受け付けないんじゃないか」と斬り捨てた。

「ベッキーは『文春」の度重なるインタビュー要請に応えず、その代わりに手紙を送ったとされていますが、LINEのやり取りすら晒されているのに手紙が誌面に載る可能性を考えていなかったはずがない。誌面公開を前提とした計算高い『アピール』だったとの見方が大勢を占めています』(芸能関係者)

 これに宮迫は金曜MCを務める『バイキング』(フジテレビ系)で猛反論。「こんな状態で本人(ベッキー)が計算できると思います?憶測でそんなひどいことをよく言うなぁと思う」などと吠えた。さらに矛先は個人に向けられ、宮迫は「誰とは言わないけど……」としながら「アッちゃん(中田)もいろいろ言うてますけど、会ったら僕、キレてやろかと思ってます」と後輩に怒りをにじませた。

 だが、これにネット上の視聴者からは批判が殺到。「あっちゃんの意見は正論」「宮迫も不倫疑惑があったからだろ」といった意見が寄せられ、宮迫と中田が吉本興業の先輩・後輩であることから「後輩に圧力を掛けてる」「悪質なパワハラ」といった声まで上がっている。

■芸能界は身内に甘い?世間の感覚と大きなズレ

 宮迫はベッキーの不倫騒動の当初にも擁護論を展開しており、その理由については「それは擁護するやろ。仲間内ですから。いい子だっていうのは知ってるんで」と語っていた。だが当然、ベッキーが「いい子」であるかどうかと不倫騒動は無関係だ。これでは単に「身内」を感情論でかばっているだけのように感じられる。

 実際に芸能界におけるベッキー擁護は「身内」が目立っており、ベッキーの親友であるハリセンボン・近藤春菜(33)は「川谷さんの奥さまに伝えたい思いがあると思うので、それを無視せず真摯に向き合った結果として手紙を書いたんじゃないかな」と発言。ベッキーの事務所の先輩であるカンニング竹山(45)は「普通に『誠意』ととらえちゃダメなんですかね?」と手紙を出したことをフォローしている。

 しかし、これらの擁護論に世間はシラケ顔。ほとんど理解を得られず、前述の中田や「ベッキーは我慢がない」「奥さんに近付こうとするのは心の整理を付けたい自分のため」と厳しく追及したテリー伊藤(66)が「正論だ」と称賛されている状態だ。

「ベッキーの件に限らず、芸能界では仲の良いタレントの不祥事をかばい立てる傾向があります。重大な犯罪をしたタレントすら容易に復帰できるのは身内に甘い業界体質ゆえです。人情としては理解できますが、特にニュースにコメントするような立場の芸能人は『公正中立』の立場を忘れてはいけない。『誰々とは仲がいいから』といった事情は視聴者に関係ないですからね。それを忘れて身内をかばってしまうと視聴者は不信感を抱いてしまう」(前同)

 こうした問題が起きるたびに浮き彫りになる世間と芸能界の感覚のズレ。あまりに身内がベッキーをかばい立てれば余計に視聴者は拒絶感が生まれ、逆に復帰が遠くなってしまうかもしれない。

文・佐藤勇馬(さとう・ゆうま)※個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、ネットや携帯電話の問題を中心に芸能、事件、サブカル、マンガ、プロレス、カルト宗教など幅広い分野で記事を執筆中。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など多数。