100円ショップのアイテムで「ウォールラック」をDIYしてみた

写真拡大

「DIY」の概念は、そもそもは戦後のイギリスで誕生したのですが、60年代のアメリカで大型のホームセンターが生まれ、広く普及したんですって。日本でも、定着しつつありますね。

今回は、「DIYしてみたいけど、自分にはちょっとハードルが高い」という初心者の方に向けて、オススメのDIY本を見て実際に作ってみました!

ウォールラックDIY1

学研マーケティングから出版された『家具をかっこよくDIYする本』は、タイトル通り、家具作りのDIY本です。

何度かDIYしたことがあり、電動工具は持っている方向けではあるのですが、まだ作ったことがない方への起動力になりそうなヒントやアイデア集としても、参考にできる本なのです。

ウォールラックDIY2

工具を持っていなくても作れるもの、100円ショップのアイテムを活用するDIYも載っています。

今回はその中から、とても簡単なDIYを実践してみます。

『焼き網のウォールラック』



ウォールラックDIY3

フェンスを取り入れるインテリアもあるくらい、フェンスのインダストリアル雰囲気は、部屋をこなれた感じにしてくれますよね。

とはいえフェンスは扱いづらいので、今回は焼き網をフェンス代わりにします。以下の材料は、100円ショップのセリアで手に入れました。

材料



ウォールラックDIY4キャンピングロースター(大)

ウォールラックDIY5ツーウェイワイヤーシェルフ

ウォールラックDIY6インテリア アイアンバー付 木製ラック

ウォールラックDIY7ワイヤーレターラック

ウォールラックDIY8結束バンドは、ホームセンターで購入。電気関連の棚にあります

総材料費:533円


作り方



1.まずはワイヤー部分をすべて着色。本ではスプレーで黒く塗っていますが、私はラッカーを選択しました。

ラッカーは鉄に直接塗ってもはがれにくいのですが、塗る前に紙ヤスリで表面をこすって、ラッカーの定着をよりよくします。

塗って乾かすのに4時間かかりました。

2.固定したい位置に結束バンドで固定し、あまり部分のバンドはカット。

組み立てるのはほんの数分でできます。

ウォールラックDIY9

3.アレンジとして、黒のワイヤーで好きな言葉を作り、飾ってみました。(材料費外)

ウォールラックDIY10

とても簡単で、しかも便利なウォールラックの完成です。

初めてのDIYには挑戦しやすいアイテムですので作ってみてはいかがでしょうか。

家具をかっこよくDIYする本[Gakken Interior Mook]