4月30日、中国の飛躍的な成長に韓国製造業は危機感を抱いている。写真は2016北京モーターショー。

写真拡大

2016年4月30日、参考消息網は記事「中国に追い抜かれる、韓国製造業に危機感」を掲載した。

中国の報告書「中国製造2025」では2025年までに日本とドイツに、45年までに米国に追いつき追い抜くという野心的な目標を掲げている。その言葉通り中国が飛躍的な成長を遂げる中、韓国製造業は危機感を抱いている。

米国の家電見本市「CES」は数年前まで韓国企業の独壇場だったが、今年はハイアール、ハイセンス、TCLなどの中国企業が話題をかっさらった。携帯電話関連展示会のMWCも同様だ。

化学工業、自動車などさまざまな業界で中国は長足の進歩を遂げており、韓国との技術的な差は縮まっている。韓国科学技術計画評価院が昨年発表した報告書によると、電子、情報、通信、機械製造などの分野で、中国に対する韓国の技術的リードはわずか1.7年しかない。(翻訳・編集/増田聡太郎)