【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「三次元ボンバーマン」

写真拡大

●ボンバーマン(二代目)

(画像:YouTubeより)
©HUDSON SOFT


「三次元ボンバーマン」は1984年にハドソンソフトからパソコン版としてリリースされたアクションゲームです。

ちなみに前作は「爆弾男」、本作は名前に「ボンバーマン」が冠されている通り、ファミリーコンピュータ版「ボンバーマン」の直接の前作なのですが、

画面が3D!

ゲームは3D迷路の中をボンバーマンが風船おばけ(バロム)を爆弾で倒すという内容ですが、結構違和感があるかもしれません。というのも本人が気付かないうちにバロムに突然背後から襲われて死亡というパターンが多かったようです。逆に「ウィザードリィ」等の3D迷路のRPGが一般化してきた時期(概ね1987年あたり)であれば多少事情が違ってきたと思われますが…。

本作はファミリーコンピュータ等には移植されなかったのは、その時代を先取りしすぎたセンスが受け入れられるのに時間がかかり過ぎたからかもしれません。
●小ネタ
かつて週刊少年ジャンプの巻末コーナー「ジャンプ放送局」に投稿されたネタに「もし、3D迷路のボンバーマンがあれば?」というものがありましたが、

実際にあるっちゅうの!

※おそらく投稿者は「三次元ボンバーマン」の存在を知らなかったと思われます。

 

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ボンバーマン」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「爆弾男」

【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン パーティプレイ編」


【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン ダンジョン編」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン 転職編」

▼外部リンク