大人のときどき乾燥肌に「ノンケミカル」な日焼け止めが良い理由

写真拡大

日に日に強くなってくる紫外線。もうUV対策はお済みですか?

季節の移ろいと同じくゆらぎがちな、大人女性の肌状態。せっかく紫外線対策をしても、やりすぎて肌荒れを起こしてしまう……なんて人も少なくありません。

そんな敏感肌さんにオススメなのが“ノンケミカル”の日焼け止め。

今回はメイクアップアーティストである筆者が、大人の女性こそ“ノンケミカルの日焼け止め”がオススメな理由ついてご紹介します。

■「ノンケミカル」な日焼け止めとは

日焼け止めは、“紫外線吸収剤”と“紫外線散乱剤”のどちらかが使用されています。一般的に“ノンケミカルの日焼け止め”というと、化学成分が配合されていない紫外線散乱剤が使用された日焼け止めのことを指します。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して肌を守ります。しかし、紫外線を吸収するときに化学反応が起きて熱を発するため、肌の敏感な人は炎症を起こしてしまうこともあるのです。

そのため、肌が敏感な人には、紫外線を反射して守る紫外線散乱剤が使用された「ノンケミカル」な日焼け止めがオススメです。

■ゆらぎがちな肌には「ミネラル系」がイチ押し

大人の女性の肌は、季節やホルモンバランスの兼ね合いからどうしてもゆらぎがち。急に乾燥したり、吹き出物ができてしまったりということもしばしば。

だけど、紫外線対策はお休みできませんよね!

そんなときには、クレンジングの負担も軽減できる“ミネラル系”の日焼け止めがオススメです。選ぶ条件はもちろん“ノンケミカル処方”!

ゆらぎ肌に“乾燥”はご法度。

最近では、保湿成分が豊富に入ったミネラル系UVアイテムも多くあるので、紫外線散乱剤のデメリットとされる“乾燥”もしづらい傾向にあります。

また、クレンジングによる乾燥は肌に大きなダメージを与えるので、石けんなどで落とすことができるミネラル系のUVアイテムは敏感肌の人にこそ取り入れて欲しいアイテムです。

1年中降り注ぐ紫外線。自宅ですっぴんで過ごすときも、窓から差し込む紫外線には要注意。

ノンケミカルかつミネラル系のライトな日焼け止めで、うっかり日焼けも阻止しましょう!

【筆者略歴】

※ 黒木絵里 ・・・ 外資系化粧品メーカー2社、某大手ヘアサロンのメイクセクション統括を経験後、独立。Eri Kuroki Make-up solution代表となり、育成やマニュアル監修、大手企業のセミナーのほか美容ライターとしても活動中。

 【画像】

※ Iakov Kalinin / PIXTA