台湾の連ドラで学園のマドンナ役演じる池端レイナ

写真拡大

モデル・女優として活躍中の池端レイナが、7月から台湾で放送される、全50数話のテレビドラマ『美好年代』(邦題:素晴らしい時代)に主演の1人として出演することが決まり、4月29日には台北で行われた制作発表記者会見に臨んだ。

[写真]池端レイナのその他の写真をチェック!

日本でも多くの映画に出演し、日本最大級のファッションイベント「Tokyo Girls Collection」にもレギュラー出演している池端は、2年前に出演した日台合作映画『一分間だけ』をきっかけに、単身で台湾に渡りわずか2ヵ月で中国語を習得。その後、日本と台湾を行き来しながら女優、モデルの仕事を続け、昨年5月から台湾で放送された台湾バラエティ番組『KISS HOTEL』の総合MCや、台湾映画『THE BRIDE』などに出演。モデルとしても、昨年から台湾版ViViでの準レギュラーをつとめ、11月発売の台湾版ViVi12月号では日本人初となる単独表紙を飾るなど活躍中だ。

そんな池端が出演することになったのが、2016年の現在と、1995年の高校の青春時代を行き来するノスタルジックな青春ドラマ『美好年代』。池端が演じるのは、舞台となる高校のマドンナ、ジャン・アンニン役で、全編中国語で演じる。

本作への出演決定に池端は「この度、初めて台湾の連続テレビドラマに出演することができ、本当に心から嬉しく思っております。ドラマプロデューサーの方が、CMで流れていた私のミュージックビデオを見てオーディションに呼んで下さり、カメラテストを何度も行い、それからは結果の連絡を待つ日々でした。台湾人の役だったこともあり、ダメだったかな……とちょっと弱気になっていた所に合格の連絡があったときは、本当にビックリして嬉し過ぎて台湾の街中で叫んでしまいました(笑)」とコメント。

初めての台湾ドラマで、日本人はたった1人という状況については、「共演者のみなさんやスタッフさん、みなさんがとっても優しく接してくださり、たくさんの素敵な方々に支えられていることに心から感謝する毎日です。今は17歳の時代を撮影しているので、まるでみんな学生時代に戻ったみたいにワイワイと、本当に楽しい現場です」と撮影を楽しんでいる様子。

また、「今回の撮影にあたって、今まで6年間伸ばしてきたロングヘアも役作りでバッサリ切ることになり、前髪も作って、初めは周りのみなさんに気付いてもらえませんでした(笑)」と髪を切った後の裏話を明かすと、「撮影はまだまだ始まったばかりですが、この作品がたくさんの方に気に入っていただけるよう、私も精一杯演じさせていただきます! また、この作品を機に、自身もさらにステップアップできるよう、精一杯頑張りたいと思います!」と意気込みを語っている。

『美好年代』は中国電視・中天電視の共同放送で7月放送開始予定となっている。

【関連記事】
[動画]池端レイナも登壇、『一分間だけ』完成披露プレミア
[動画]池端レイナも出演!『一分間だけ』予告編
池端レイナも登壇、『忘れないと誓ったぼくがいた』の「村上虹郎誕生日試写会」舞台挨拶
台湾の美少女ヤオ・アイニンが来日!「日本が大好き」と日本での仕事に前向き