飛騨市の商店で有毒の植物を山菜と誤って販売か 最悪死亡も

ざっくり言うと

  • 岐阜県飛騨市の商店で販売された山菜が、有毒の可能性が高いことがわかった
  • 1日と2日で計5束が販売されたが、全ての購入者が判明しているという
  • 有毒のイヌサフランの場合、重症の場合には死亡することもあるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング